Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
リロの三回忌の供養に行ってきました
土曜日にリロの三回忌の法要

宝塚動物霊園 に行ってきました





何度も何度も…

数えきれないくらいきて

数えきれないくらい泣いてきた…

火葬だけも龍ちゃん トーマス ダイちゃん リロ…

その数だけ法要にもきているわけで

何度来ても慣れることなんてなくて

やっぱり

思いだす…


2aIMG_2028a-1.jpg


今回は3わんちゃん一緒でした

みんなとっても大事にされているんだなぁ~

ってすごく感じます

みんな一緒に虹の橋にいるんだねぇ


先日とてもいやな思いをしていやな気持ちが少し残っていたけど

お経を聞いて…

乱れていた気持ちが落ち着いた

お経ってパワーあるんだなぁ…


3aIMG_2010a-1.jpg


リロの一周忌のお塔婆を返して

三回忌のお塔婆を頂きました

早いなぁ

12月にダイちゃんの三回忌にきて

わずか4ケ月後の4月にリロの三回忌

あまりに短い間に続いちゃって

どれほど悲しかったことか…

どれほど辛かったことか…

なかなかこんな経験ないよね


4aIMG_2033a-1.jpg


龍ちゃんの眠る共同墓地にリロを置いて

手を合わせてきました

そばにいないのに

またリロに色々なことをお願いしてきちゃった

リロは優しい子だからきっと約束守ってくれるね

リロ…

トーマス姉さんとダイちゃんと一緒に

頼むね

かーさんは純ちゃんとペコそしてリコを

責任もって守るから!



とても天気が良くて気持ちの良い日でした

霊園からの景色


5aIMG_2038a-1.jpg


六甲山


6aIMG_2039a-1.jpg


兜山


7aIMG_2040a-1.jpg


そして都会

とっても見晴らしが良くて空が近くて

気持が洗われる感じ


法要の時間まで約10分ほどの待ち時間があったので

少し園内をまわりました


8aIMG_2018a-1.jpg

9aIMG_2035a-1.jpg

10aIMG_2019a-1.jpg

11aIMG_2021a-1.jpg

12aIMG_2022a-1.jpg


この霊園は今年50周年だそうです

敷地は 日本最大級となる約4,000坪!

とーさんの実家のワンちゃんからここでお世話になっています

お友達もこの霊園を利用している人が多い多い

関西では有名です

ちなみにかーさんはペット霊園で仕事をしていましたが

わが子はこちらの霊園でみんなお世話になっています


つい最近大阪のペット霊園の突然の閉鎖で

その解体作業の現状があまりにも酷くその上閉園および解体の事実が

一切利用者に知らされていないのではないかと

ネット上で物議を醸していましたね



ペット霊園「宝塔」が閉園

ペット霊園を利用する際はしっかり調べてくださいね

悲しいけれど杜撰な霊園も少なくはありません


帰りの車の中で突然左肩がつったかーさん

とーさんがリロが肩にのってるんじゃないか?

って

リロなら大歓迎だけどね


13aIMG_2043a-1.jpg


帰りに

とーさんが生まれ育った27年間いたジモティへ

まだチューリップがきれいだったよ


14aIMG_1278a-1.jpg


気分モヤモヤのかーさんを思って

とーさんが誘ってくれました


15aIMG_1277a-1.jpg


夫婦ミーティング?

とーさんが話を親身になって聞いてくれて

少しスッキリ!

やけ酒じゃ!

って思ったけど今日はリロの法要日

お酒はいつもより抑えました(笑)

家にいても常に会話は多い夫婦だけど

外に出て気分を変えての会話も円満の秘訣かもね



コメントの返事がなかなかできませんが

必ず近々させていただきますので…

ごめんなさい


生れるときと…旅立ちのとき…
先日、かーさんの知人が愛犬を看取れず

辛い思いをしています

そんな更新をしました



わが子との最後…    



飼い主さんの多くは最愛の子を看取りたいと思っていますよね

そしてその瞬間を看取れなかったとしたら…

後悔してしまうよね



でも看取れなかったとしても

どうか後悔しないで…





彼らの中には
自分が病気で弱っていても飼い主の前では
気を張って元気を装っている子もいます

大好きな飼い主さんに弱っていくところを
見られたくないと思う子もいます

辛い時 苦しい時 痛い時
彼らは誰もいない静かな場所で体を休め
飼い主のために回復を待つのです

飼い主のために…



そしてその瞬間の時

飼い主への愛情や想いからそっと静かに息を引き取っていく
選択をする子もいるようです

何故なら…
飼い主を想って

もしくは…
自らそれを望んだから

そして最後の最後まで幸せに過ごせたことを満足して
息を引き取るのです

犬としての本能やプライドを守った最期なのです

だから…

後悔せず立派だったと褒めてあげましょう
ありがとうと感謝してあげましょう

生まれる時と死ぬ時
もっとも本能が強く出てくる時なのだそうです

最後の力を振り絞って精一杯頑張ってくれたのです

最後まで飼い主を思い飼い主の幸せを願い
旅立った のだから…


aIMG_1536a-1.jpg


そうだよね

ダイちゃん!
(ダイちゃんは病院で息を引き取りました)


aIMG_1021a-1.jpg


我が家の美美ちゃんの桜も蕾が膨らみました

桜が咲くと 今度はトーマスとリロのハナミズキが咲きます

そしてスイトピー… (今年は咲いてくれるかな)

生かされている私たちは

亡くなっていった子の分も

楽しい毎日を過ごさないといけませんね



最後に

彼らは生まれたときに神様に寿命と使命を聞いているとか?

だから…

その寿命がくるまで懸命に使命を果たし生きている

そう昔、聞いたことがあります

その使命って…

飼い主を幸せにすることだと

かーさんは思っています

だから使命を果たした子は安らかに眠りにつく

そう思います

お知らせ


Club Thomas虹の橋組が御世話になっている動物霊園から

リロの三回忌の法要のお知らせが届きました


この前ダイちゃんの三回忌法要をしたばかりなのに…
こんなに短い間に2わんを見送ったのだと
改めて実感します
あの時は本当に辛かったな… 

リロはもうこの世にはいません
でもリロの魂はずっとそばにいるような気がします

病気がわかってあっという間でした
でもリロはもう苦しんでいません
虹の橋で健康体になって走り回っています
トーマスもいてダイちゃんもいてとても楽しそうです
そう思うととても救われます


供養のという字
人と共に …色んな方々と一緒にという意味

供養のという字
美と良が組み合わさって …美しく良いことという意味

我が家では虹の橋組も多く月命日は
特に何もしません
毎日フードと水を変えてお線香を必ず立てています
なので節目節目のこういった供養は必ず霊園で供養しています
そしてそれぞれの子の思い出をいっぱいいっぱい振り返り話をします
そうすることで心の中で生き続け魂もいつも一緒
そう思っています

きっと動物霊園での法要でお経を聞くと
また涙が出そうです
でも
感謝でいっぱいです
幸せをありがとう!
そう思います




先日愛する子を亡くした 私の友達も
ペットロス重症だと言っていました

でも…

ペットロスを言い訳にしていた! そう話してくれました
愛犬の死が辛いというより自分で自分を苦しめ
友達や家族に心配をかけていたって…
ずっと寄り添ってきて一緒に泣いてきましたが
ちょっと安心しました
良かった…
本当に良かった
これも愛する子の力です

愛する子を亡くした悲しみは経験された人たちみんな同じです
その感情と生活と上手に付き合っていかないとなりません

愛しい子を亡くしても毎日の生活は変わらず
仕事をしていれば休めず働かなくてはなりません
職種によっては笑顔でいなくてはなりません
これって一番辛いです

それにすべての人が理解してくれるとは限りません
昼間は頑張って
夜いっぱい泣けばいいと思います

しっかり現実を受け入れ前を向いて進みだしたとき
人としてまた成長できたことになります
それは…
亡き子のおかげだと思いませんか

だからあの子のために
少しずつ笑顔を取り戻さないとね




リロ…

あなたには本当に感謝でいっぱいです

きっと…

虹の橋の神様から褒めてもらっていることでしょうね


aP1110867.jpg

この写真はペコがパピーの頃…リロが一生懸命ママしてくれていました


純ちゃんもペコも淋しかったと思う
そしてあなたも心配しているよね
だからリロのぶんも大切にするからね
心配しないでね

供養って亡き子に感謝を伝えることですよね

リロ! 来月行くからね

待っててね


リロちゃんイメージ原稿ver2


わが子との最後…
かーさんの知人が愛するわが子の最期を看取れず
今 とても辛い思いをしています
でも…
まだわが子に温もりが残っていたそうです


お別れは頭が真っ白になるほど辛いですよね 
悲しいですよね
耐えられませんよね

かーさんも何度も経験しているので
心の底からわかります

なんの力にもなれないけれど
今、寄り添っています



わが子の最期…
独りぼっちで旅立たせたくない
最後の瞬間は腕の中で…

わが子だってそれを望んでいる
皆さんもきっとそう思っていると思います

確か犬の十戒にも
最期のお別れの時にはどうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
そんなこと言わないでほしい
あなたがそばにいてくれるなら、
私は、どんなことも安らかに受け入れます

そう…読んだことがあると思います

これを読むと
最後を看取ることができなかった飼い主さんは
後悔してしまいますね…。


我が家はトーマスとリロは我が家で旅だちましたが
ダイちゃんは病院で先生のそばで旅立ちました
龍ちゃんも病院から旅立ちました

どちらも経験しています
でもどちらが良かっただなんて思っていません



ダイちゃんは何度も発作を起こし
意識を無くしては戻ってきてくれていましたが
あの時…
スーっと天国に行きたかったのかもしれません

でも…
かーさんが必死に呼ぶし
ここで旅立ったらきっとかーさんが辛いだろう
そう思って何度も何度も生還してくれたと思っています

結果として入院前の最後の家での夜
ダイちゃんの苦しそうな発作を見て思いました

もう ダイちゃんいいよ
疲れたよネ
何度も呼び戻したけど
もう ダイちゃん楽になっていいんだよ
そうダイちゃんに素直に言えました

苦しむわが子の姿を見ることも
とっても辛いことなのです
抱きしめても抱きしめても
意識がなくなっている発作です
あのとき座薬さへ効かなくなっていましたからね

それでもかーさんの元に戻ってきてくれたダイちゃん
翌朝、病院へ
病院までの1時間の車中でも何度も発作を起こし
奇声をあげるダイちゃんを撫でながら泣いて泣いて
運転していたかーさん

そして入院…
翌日、明方に病院から旅立ちました
入院させなければ看取れたかもしれません
でもあの状況で
病院に連れて行かないわけにはいきませんでした

先生は泊りがけでダイちゃんのそばにいてくれました
ダイちゃんは病院が好きだったし先生も好きだった

だから…
病院を旅立ちの場所に決めたのだと思っています

看取れなかったのは残念だけど
かーさんのことも考えての
ダイちゃんらしい旅立ちだったと思っています

病院に迎えに行ったとき
ダイちゃんの小さな身体にはまだ管がいっぱいでした

まだ温かかった…

だからこの時、かーさんの思いはダイちゃんに
きっと通じたと思います
聞えたと思います

家に連れて帰るとき
運転しながら1時間泣きっぱなしだったかーさん
よく道を間違えないで帰ってこれたと思っています



飼い主に見送られても見送ってもらえなくても
どちらが良かったとか
どちらが幸せだったとか
決められないことではないかと思っています

高齢で寿命をまっとうして最期を迎える子は
きっとお家でしょうが
それでもちょっと離れた隙だったりってこともあります


そして年齢や病気だとかで環境の違いもあれば
考え方の違いもあります

誰だってできればそばにいてあげたいけれど
必ずそばにいられるとは限りません

その子らしい旅立ちであって
きっとちゃんと考えて
その瞬間を決めるのだと感じます

どんなお別れであっても
ずっとずっといっぱい頑張ってきたのだから
褒めてあげないとね

そして一番大切なことは
しっかり供養してあげることだと思います

ねっ!

ダイちゃんそうだよね

a2014-08-13-16-00-53_deco.jpg


ご冥福をお祈りいたします
昨日 かーさんの元に訃報が入りました



昨年11月に心臓病からくる

急性肺水腫で救命センターのICUに入院した

まいきーくん

まいきーくんはその後メキメキと回復しています

今回はそのまいきーくんと一緒にすごしてきた

ファーファくんが…

DSCF2118.jpg


腎不全により 3日金曜日旅立ちました

あまりの突然のことでかーさんも頭が真っ白です

何も手につかない状態です



まいきーくん トイプードル シルバー

ファーファくん トイプードル ホワイト

チャッピーくん ヨーキー

みんな2002年生まれの3ワンの多頭飼いです

ダイちゃんより1歳若い3ワンちゃん達でした


トーマスがいたころからのブロ友さんで

3ワンちゃん全員わが子同様に思ってきました


飼い主さんは昨年からまいきーくんの闘病で

大変な日々を過ごしてきてやっとまいきーくんが落ち着いたところ

辛いです…

どうして…

急に何があったというのでしょうか


15歳…

老犬は気圧の変化や前線によって体調が急変するといいます

外へ出すことはないけれど温度差の影響もあります

血圧が上がったり下がったりで心臓に負担をかけますね

室温 湿度には気をつけないといけません


ファーファくんも最後まで頑張った

だって彼らはあきらめないから…

きっと

きっと

頑張っているまいきーくんに託したかもね


久ぶりに涙が出た

ファーファ…  安らかに…

ありがとね

ただ ただ…

心よりご冥福をお祈り致します

Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.