Club Thomas
虹の橋組と2ワンズとファミリーの毎日
純ちゃんのその後…
水曜日に体調が悪くなって

緊急で病院に行った純ちゃん

病院から帰ると呼吸が落ち着いて

ずっと寝ていました

翌朝のご飯はまったく食べなかったけれど

呼吸も落ち着いているので

仕事に行きました

夜のご飯はやっと食べだして

その後は完全に食欲も回復

そして…

土曜日に再び病院 


 


 元気になったのになんで病院?

ってな純ちゃん

そうだよね

とっても良い顔しているもんね



 2aIMG_7935a-1.jpg


水曜日に来たときとえらい違い!

あの時はすごーく苦しかったもんね 


 3aIMG_7943a-1.jpg


先生の診察も

文句ありそうなこの顔



 すごーくきれいになっていた 

 

 当然 肺の水もなし 

 


 4aIMG_7940a-1.jpg


 体重は水曜日と同じ2.5kg

もっと減っていると予想していました

水があるときと変わっていない… 

でもそれは水が抜けて食事を摂っているからだそうです

水が抜けて食べて体重が維持されているので

良い感じ ♪ って先生も笑顔


 5aIMG_7924a-1.jpg


 診察後には院内をチェックする余裕


 6aIMG_7923a-1.jpg


元々2.8kgあったのに

2.5kgに減って背骨がゴツゴツしちゃったけど

すごく元気になってきた 


 7aIMG_7911a-1.jpg


 利尿剤を減らすことになりました

利尿剤は増やすと血圧が下がって

食欲がなくなる傾向にあるので

今日から減らすことになりました

 やっと安心です 




しかし

一日であんなに急激に悪化して

こうして2~3日で元の状態に回復

やっぱり専門家ですね

また来週は寒くなるようで

三寒四温が迷惑




純ちゃんを心配して下さった皆さんのパワーが

純ちゃんに届いた結果です

本当にありがとうございました


純ちゃん 緊急で病院…
昨日(水曜日)は仕事が休みだったかーさん

昨夜まで元気だった純ちゃんがこの日の朝

突然の食事拒否!

朝は血圧も低いのでいつもなら少し時間をあけると

食べるのだけどこの日はまったく食べない 


 


こうして座った状態でいる 


 2aIMG_7823a-1.jpg


 ウロウロ場所を変えては座ってる

いつもなら食事して丸まって寝てることが多いのに


 3aIMG_7699a-1.jpg


ウザイ遊ぼう攻撃のリコにも

いつもならガウガウ向かって行くのに 


 4aIMG_7769a-1.jpg


反応しなくて座っている 


 5aIMG_7723a-1.jpg


ほとんどないリコと純ちゃんの2ショットまで

見事に撮れた 

でも…


 6aIMG_7829a-1.jpg


 ペコだけは何か心配しているような素振り

なにかペコには感じるものがあったのかも…

ずっとそばにいる


 7aIMG_7839a-1.jpg


 時間の経過と共に呼吸が荒くなって

いつもなら寝ている時間もまったく寝ない

ペコとリコから隔離して2階へ連れて行ったけど

呼吸の荒さから苦しくて寝れない様子

明日はかかりつけの病院が休みなので不安…

病院は昼を過ぎて夕方まで休診中だったけど

先生に電話しました

結局連れて行くことになった

飲んでいる薬のうち2種類の薬を飲ませて

連れて来て下さい  ってことで

高速を使って1時間  病院に到着


 8aIMG_7850a-1.jpg


また肺に水が溜まっていた 

気温が高くなった影響のようです

純ちゃんが食欲が全くなかった3連休の週も
前日の一桁から二桁に気温が上がって
患者さんが多かったそうです
健康な子も 下痢や嘔吐があったり
心臓の悪い子はハーハーと言いだし
食欲不振になっている子が多かったようです
急激な気温の変化は血液の流れに影響があるようです


 9aIMG_7848a-1.jpg


 体重もまた減ってしまいました

筋肉を増やして体重が増えるのが一番良いけれど
今の優先は水を減らすことなので
利尿剤が1/4から1/2に増えました

利尿剤は何種類かあるようです
ずっと使っていると効かなくなるようです
増やしたり続けることで肝臓に血液が届きにくくなるので
利尿剤の使用量は
純ちゃんの心臓の状態と気候によって
決めていく必要が一番大切だそうです

純ちゃんが楽になってきたら量を減らす…
利尿剤を使うと血圧が下がりやすく
血圧が下がると食欲が低下して
また水が溜まる…
とっても難しい

ちなみに

この日の午後の純ちゃんの呼吸の様子…

音が小さいかもしれません


  


先生曰く

ギリギリの状態でしたって

肺に水がかなり上がってきている状態だったみたい 


 


 この動画のままの状態で来ていたら

入院でした

先に電話して指定された薬を飲まして行ったことで

先生の判断が正解で大事に至らなかった

ということです


 10aIMG_7865aa-1.jpg


 診察が終わってやっと今日初めての水分補給

しかし 今は飲まない方がいいんだけどネ


 11aIMG_7856a-1.jpg


精算待ちの間 ウロウロ

帰りの車中ではやっと寝ました 


食欲が復活しても喜んで浮かれてたらダメですね

気候に左右される病気なので

急変の可能性は意識していないと

今回も病院の先生に助けて頂きました

土曜日 また行って確認です

仕事が休みで良かった


aIMG_7871a-1.jpg 


帰ってからずっと寝ています

室温は低め設定

とりあえずやれやれです 
オレ様純ちゃん病院へ
 体調不良になって3日目の純ちゃん

まだ少し呼吸が早いかな?

でも数日前よりはずっと落ち着いています

助かったね

良かった


 aIMG_6721aab.jpg


 3ワンのご飯を作っていると

キッチンまでやってきてワンコラ




おかん! 早くしてや!

って言われています


 aIMG_6717aab.jpg


 食欲復活 



でもね…

朝は起きてすぐあげるせいか

純ちゃんだけは少々残す…

それでも食べてくれるだけ良しとしています


 3aIMG_6704a-1.jpg


おせっかいペコちゃん

とにかく純ちゃんが気になります

飼い主にはわからない

犬同士の五感が騒ぐのでしょうか? 


 4aIMG_6734a-1.jpg


純ちゃんも最近はペコには

かなり心を許している様子です 

あっ!

これはペコが嫌がらず優しく受け止めてくれている

多分… そうなのでしょう


 5aIMG_6685a-1.jpg


 やっと純ちゃんらしい表情と動きがでてきて

ひと安心ってとこ


 6aIMG_6678a-1.jpg


病院の先生の指示があって本当に良かった

素人判断で動いていたら確実に温めていた 

純ちゃんの場合 肺に水が溜まって

その水を排出するために利尿剤を服用しているので

おしっこの回数と量が増えて喉が乾きます

その上 室温が高いと益々喉が乾いてしまいます

そして

温めることで血管を広げると循環がよくなって

心臓がすごく頑張りすぎてしまうそうです


いつもトリミングに行っているオーナーさんと同じマンションの

8歳のトイプーちゃんも同じ肺水腫だったそうですが

わが家の先生のような指示がなく

暖かくしてしまい…  亡くなったそうです


それを聞いて

本当に先生に連絡して良かった

本当に先生に指示をして頂いて良かった

そう実感し大したことじゃないと思っても

間違った対応は命取りと改めて思いました



 7aIMG_6764a-1.jpg


   そして日曜日は病院  


 8aIMG_6766a-1.jpg


 良い顔していますが

飼い主はドキドキです


 9aIMG_6849a-1.jpg


受付の上の紙のわんちゃん達が可愛い 


 10aIMG_6795a-1.jpg


利尿剤を飲んでいるので

1時間の車での距離でおしっこを我慢しているかと

下へ下ろしたけど 


 11aIMG_6796a-1.jpg


とーさんにSOS 


 12aIMG_6791a-1.jpg


ウロウロするけれどおしっこしない… 

診察の結果

体重は2.6kg   また減ってる…

肺に溜まった水はほぼなくなっているとのこと

おかげで咳が止まっています


聴診器での音もきれいになってきているって


ただ

まだ呼吸が早いのでもう少し落ち着かせる方向に

強心剤と心臓を保護する薬が出ました


先生の指示通りして純ちゃんが回復したのは

純ちゃんの心臓がまだ元気だったからだそうで

個人差があるそうです



そして朝ごはんを残すのも

血圧が低いせいだということです

寝起きは特に…

なのでもう少し血圧も上げたいようです



それからもひとつ

手足が冷たい時は故意に温めない

循環が悪くなっているせいで冷たいので

やはりここでも温めることで心臓に負担がかかるそうです


 心臓病の子と健康な子では対処が違います


 13aIMG_6852a-1.jpg


 お薬と精算を待つ間は

とーさんから離れなかった純ちゃん

まずまず安定

でもやはり問題は心臓ですから油断禁物です

次回は今月24日 土曜日です



Facebookのお友達に教えて頂いた

頭痛ーるというアプリ



IMG_6853.jpg
 


 気圧の変化がわかるので

さっそくゲット

これを参考にしたいと思います

こうして沢山の方から心配と応援していただき

パワーになっています

今まで何ワンも闘病経験はありますが

病気も違いますから本当に皆さんが支えです



本当にありがとう


純ちゃんの病院… 肺に水が…
日曜日に 純ちゃんの定期検査に行って来ました




朝ごはん抜きなので?  怒っています

いや

病院苦手で助けを求めています


aIMG_6162a-1.jpg


体重は2.85kg

前回とまったく変わらず!


呼吸が荒いこと…  咳が増えたことを伝え

聴診器を当てると   先生も

ちょっと苦しそうです  と…



エコー検査してもらいました



結果   →   肺水腫


昨年に比べると左心房がすごく大きくなってしまいました

僧帽弁閉鎖不全症が原因で肺の中に水が溜まりました

簡単に言うと肺に水分がたまり溺れてるような 状態で

非常に苦しく急速に進行することもあるそうです


気温が下がって寒くなったことで血液の流れが悪くなり

送り出す量が減って出す!入る!のバランスが悪くなっている状態です


逆流により左心房に圧がかかり肺にも圧がかかって

血液成分の血漿が血管から肺に漏れ肺水腫となっているようです


純ちゃんの場合先月末あたりから少しずつ溜まっていたようです

少しずつ溜まることで症状にも慣れてしまう子も多いようです

これがとても危険です


咳は…

左心房の上に気管があるので圧迫されて

喉に何か詰まったような咳になっているようです

水を減らすことで圧迫もなくなって咳も減る

その方向で治療します


aIMG_6176a-1.jpg


寒いからといって暖め過ぎると

血圧が下がってしまい血液を流す量が減るので

寒すぎず暖め過ぎずが基本

そして咳が治まるまで水分を減らす

1日70ccまで!

利尿剤が出ました

おしいこの量が増えるので利尿剤を服用すると

水分が欲しくなるそうだけど

ここは鬼になって水分量を守ります!

とにかく水分を抜くことが今の目標です


aIMG_6172a-1.jpg


今の所、食欲もあるし一日中咳をしているのでもなく

夜はしっかり朝まで寝ているし動き回ったりもしているので

重症ってほどでもないようです

重症になるとお腹にも水が溜まってきます


利尿剤の量のこともあって

とりあえず3週間後また病院です


aIMG_6181a-1.jpg


今日は初めて院内をウロウロした純ちゃん

いつもはおしっこさせようと下ろしても

すぐ抱っこ要求するのに…

びっくりのとーさんとかーさんでした


aIMG_6184a-1.jpg


今は血液の流れが悪くて

足先まで血液が回っていないようです

どうりで足が冷たいと思った …


ごめんね

純ちゃん


純ちゃんは症状がまったくなかったけれど

たまたまマルチーズだし年齢もシニアに入ったということで

エコーをとって僧帽弁閉鎖不全症が初期でわかりました

そしてそれから2ヶ月に一度こうして検査に行って

今回の肺水腫もわかりました

見た目の素人判断は進行を進めてしまいがちなので

早くわかって本当に良かったと思っています


薬とうまく付き合っていけばまだまだ頑張って

一緒に過ごせます

元気でも定期検査は大事です

そして持病があれば1分1秒でも早く改善してあげたいですね

一向に改善されない場合はセカンドオピニンも大事です

(今の病院は亡きダイちゃんの病気の時にサードオピニオンでたどりつきました)

辛い症状を早く楽にしてあげれるのは飼い主次第ですよネ


純ちゃん

一緒に頑張ろうね

Fightヾ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノFight


ペコの抜糸は全員で!
土曜日は14時半に抜糸予約

ところが手術が入ったようで16時半に変更になりました




ペコの抜糸なのに…

この子も一緒



2aIMG_5093a-1.jpg


しかもひとり悠々と助手席に座り

とーさんの助手?


3aIMG_5096a-1.jpg


純ちゃんとペコ…かーさんは後ろの席

先週の手術の日に家から病院まで

1時間のところ2時間かかったので

今日は早めに家を出発したら

思いのほかスイスイで1時間で到着

病院の駐車場で待つことに…


4aIMG_5106a-1.jpg


純ちゃんは元気で

寝ているとーさんのお腹の上を行ったり来たりしている…

純ちゃん落ち着け!



5aIMG_5107a-1.jpg


君のこと先生も心配してくれているんだから

診てもらうんだよ


6aIMG_5111a-1.jpg


リコは通る人すべての人に

全力でワンコラ

    



リコは用事ないから本当はお留守番なのに…

家でひとりで留守番だと

きっと きっと暴れるから…

 


7aIMG_5112a-1.jpg


純ちゃんを後ろから見ていたペコも

とーさんのお腹が良いらしい

純ちゃんと交代


8aIMG_5117a-1.jpg


16時半に呼ばれて診察室に入ると

超ブルブル

また血尿出るのでは?

とこっちが不安になる



9aIMG_5116a-1.jpg


とーさん  助けて!

とーさんに超必死に甘えるペコ

(とーさんペコ贔屓だからたまらんひと時)



10aIMG_5121a-1.jpg


大丈夫! 大丈夫!

とーさんとペコはなんやら話していました

そんな震えるペコねーさんを心配もせず

診察室を猛チェックのリコさん!



11aIMG_5118a-1.jpg


先生が入ってきたらスーパーワンコラ

    



留守番させてきたら良かった

どこでもワンコラひとりウルサイ!



12aIMG_5124a-1.jpg


ペコは傷口を舐めることもなく

エリカラも術後服も着ずに1週間すごしました

絆創膏もはがれていなくて

賢いね!って褒められたね


13aIMG_5125a-1.jpg


絆創膏の下を見ていなかったので

初めて見る!

結構痛々しい…



抜糸も暴れることなくおとなしくしていました


14IMG_2621a-1.jpg


 抜糸後もきれい! 

たった1週間で抜糸

ストレスの時間が短くて良かった

あとは日に日に薄くなっていくね


ペコの抜糸が終わってから

純ちゃんも診てもらいました

火曜日に突然異変が起きたからねぇ~

翌日からケロッとしていたけれど

一応先生に診てもらいました

身体中を触診

腕、足、腰異常なし

心音も聞いてもらいましたが異常なし

体内に水が溜まっている様子もなし

よって心配なし! 



だったら何だったのだろう?

きっと

多分

リコともめたとしか考えられない…

心臓に負担もかかっていないと先生に言われて

とりあえずホッとしました


15IMG_5113a-1.jpg


さぁ~ とーさん安全運転で

家までヨロシク!

リコさん行きも帰りもとーさんの助手をありがとう!


純ちゃんとペコの心配をしてくれた皆さん

ありがとうございました



なんとか元気に新年を迎えられそうです

Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.