FC2ブログ
Club Thomas
虹の橋組と2ワンズとファミリーの毎日
家族の深い愛情
      1月13日(日)  龍ちゃんの大塔婆供養の日 

    今回は代表してダイちゃんも同席しました。車に乗って龍ちゃんのとこへ出発~

    A2008_01130007a

    今日はかなり冷え込んでいます。時折雪のような雨のようなものがチラチラ…

    AA2008_01130034a

    ダイちゃんも本堂に一緒に入って一緒にお経を聞きました。ちょっとドキドキ…

    B2008_01130016b

   本堂にて住職の読経が始まりました。
   お経が流れます。(音声に注意してください


    ダイちゃん…初めての出席でちょっと落ち着きません。龍ちゃんはどこかな?

    D2008_01130015d

    読経の後僧侶より直接お塔婆を拝受して戴き本堂でお焼香をしてお参りします。
    
    E2008_01130023e

    帰りの車内…ダイちゃん少々お疲れモード。でも大人しくお利口さんでしたね。
    龍ちゃんもきっとダイちゃんが来てくれてとっても喜んでくれていると思います。

    F2008_01130039f

       これが龍ちゃんだよ。 (亡くなる数ヶ月前。メリーズしています) 
      目も見えず…耳も聞こえなくなって…ほとんどこうして寝てばかりでした。
      いつもお腹を見てはちゃんと呼吸しているか確認ばかりしていました。

    13160009a龍a

    ダイちゃんには龍ちゃんが見えなかったね。でもみんな龍ちゃんが見えたんだよ。
    とっても元気で嬉しそうなお顔してたよ。ダイちゃん来てくれてありがとう!って!
    龍ちゃんがね…ダイちゃん!男の子だからみんなを僕の変わりに守ってね!
    って言ってたよ。その分…ダイちゃんのことは龍ちゃんがしっかり守ってくれるね。   

    Gお経

    頂いたお経和讃集の中の一部です。今年で3年になりますがまだついこの前の
    ことのようです。この日も沢山の方が来ていました。皆、同じ気持ちでしょうね。
    亡くなっても愛情は深く大切な大切な家族の一員です。今いる子達が元気で
    幸せに過ごせるのも先代(龍ちゃん)のお陰だと思っています。

                         
            ポチッ                  ぽちっ

    今日は龍ちゃんにぽちっとお願い致しま~す。   

    亡くなった子の供養の仕方もさまざまです。人それぞれ考え方もさまざまです。
    でも重要なことは亡くなった子との思い出を心にしっかり持つことでしょうね。
    記憶から完全に消えてしまったときがその子の死なのかもしれませんね。
    心の中に思い出がある限り生き続けてくれていると思っています。元気にね。
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.