FC2ブログ
Club Thomas
虹の橋組と2ワンズとファミリーの毎日
オレ様も病院では情けない…
日曜日は純ちゃんの二ヶ月振りの病院



本人は至って変わらないので

何故自分だけここにいるのかわかっていない

っていうか…

病院が苦手になったみたい




この日は史上最高… 見事な震え

ブルブル 震えが止まりません



2P1470191-1.jpg


息も荒くて興奮気味

あまり興奮すると血液検査に影響するのに…



3P1470193-1.jpg


とーさんに必死にしがみついている



4aP1470194-1.jpg


おしっこさせようと下に下ろしたら

これまた必死になってとーさんに抱っこを請求

動きまくりで全部写真はボケボケ


先代のリーダー  ダイちゃんは

病院大好きな子だったのになぁ~

偉い違い



5aP1470214-1.jpg


診察台に乗ってもまだあきらめない



6aP1470213-1.jpg


必死のパッチでとーさんに救いを求めてる



7aP1470212-1.jpg


そして笑って写してるかーさんに

何か言いたそう



8aP1470211-1.jpg


味方はとーさんだけだと思ってる



9aP1470215-1.jpg


とーさん! お願い! お願い!

マジで必死である



10aP1470216-1.jpg


とーさんに励まされて聞いてる



11aP1470218-1.jpg


検査で奥から戻るときは

看護師さんのおねーさんから離れない

あぁ~

情けない



12aP1470210-1.jpg


本日も二ヶ月前とまったく変わらず2.65kg

そして結果はとういと…

前回ひとつ引っかかって高かったALP

前回(8月)277 今回313 
(基準値 20~200)

更に上がってしまった…

栄養状態は問題なく尿素窒素も下がって

全体的にそんな危機ではないようだけど

γ-GTPが更に上昇

前回(6月)10  今回12
(基準値 0~7)

あぁ…

どうやら胆管が炎症しているようです

前回は胆嚢の中をサラサラにする薬を飲んだけれど

胆嚢から腸に流れる胆管が炎症しているみたいで

今回はその胆管の炎症を抑える薬が増えちゃった!

この薬は胆汁の排泄を促し

胆泥化や凝固も防ぐそうです

ただ6月よりは調子は全然良くなっていて

純ちゃん自身は何も変わらないそうです

辛くないようでそれが唯一の救い

今までの経過から純ちゃんは

元々肝機能が低く油断すると上がってしまうそうです

薬が効くと食欲が出てよく動くようになり

消化機能が上がって筋肉もついてくるそうです

期待しとこっ!



この病気はなかなか発見しにくいそうで

たまたま検査して見つかるケースが多く

末期で見つかると肝硬変になって大変だそうです

やっぱり定期的の検査ってすごく大切

そして病院(先生)の見解も大切

主となる病気の検査だけでは隠れた病気が発見されない

そういうことになります



高齢だから寝てばかり…

そうではなく運動させて食欲が出れば

身体の代謝や消化も良くなり筋肉も付くってこと

高齢のワンちゃんでも毎日散歩している子や

家の中もウロウロしている子いっぱいいるね

元気な証拠なんだね

歩かなくなるとどんどん筋肉が減って

骨などが弱くなり痛みが出て余計に歩かなくなるんだよね

ゆっくり ゆっくりでいい

運動って本当に大切



心配な心臓は先生曰く

尿素窒素の数値も良いのでそれほど問題じゃないみたい

多少の逆流は心臓が元気な証拠ってこともあるそうです

反対に逆流していないのに弱っている心臓もあるようで

逆流できないほど心臓が弱っているケースもあるそうです

今の純ちゃんはそれほど心配ないようです

栄養状態を良くしてその吸収を良くする

最終的に食べるそして運動が一番大切ってことね


しかし病院の先生によって本当に違う!

家の近くの病院では心臓の逆流を強く言われて

定期的な検査が必要だと言われてすごーく心配だったのに

後ろ足も抜けたり入ったりを繰り返しているって言われたけど

ここの先生はまったく問題にしていなかった


やっぱり信用できる病院って大切ですね

遠いけれどやっぱり仕方ない


次回は12月!

今月末にちょっと遠出する予定で

ノミ、ダニの薬も3わんのぶんもらってきました

今年は高温で雨が多く湿気が多いので

ノミ、ダニが異常に多いそうです

皆さんも気を付けてくださいね

Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.