Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
愛する子の最後…
                 今日はネタがなくなって… 独り言です。


                         実はかーさん…

                   昼間はペット霊園に勤務しております。

     

            最近できたばかりで地元でも知らない人が多いようです。

       併設して人間の大きな霊園があり… ペットも一緒にお参りできたら…

               そんな声が多くペット霊園ができたようです。

         人間のお墓参りに来たらペットのお墓参りも… 嬉しいことです。

     2IMG_0785.jpg

          最初はトーマスのこともあって続くかな?って思っていました…。

        とーさんに… 一緒になって泣いてるのでは?って言われていました。

     3IMG_0783.jpg

                           だって…。

                        火葬もあるんです。

                          かーさんも

               最期のお別れと… お骨揚げにも立ち会います。

     4IMG_0786.jpg

        可愛がられ、愛されたペットと家族の最後のお別れに立ち会っています。

                 時にはかーさんも涙する時があります。

                  どの子もみんな違ったお別れです。

               5IMG_0608.jpg

          一緒に暮らしてきたペットの死… 別離の悲しみは大きいです。

          人間の肉親が亡くなれば周りからも慰めの言葉をいただきます。

        でも… 家族となんら変わらないペットの死はまだ軽く見られがちですね

 
        愛するペットを亡くした飼い主さん…   覚悟はできていたという方もいます。

        それでも… 想像していたよりも遥かに深い悲しみ、辛さであると涙します。

                     かーさんもまったく同じでした。

                    その気持ちは人それぞれ違います。

       いつまでも悲しむと成仏できないとか… 虹の橋に行けないとか言いますが…

         かーさんは無理してその悲しみを抑えることはないと思っています。

           周りがなんて言おうとその飼い主さんに自然に笑顔が戻るまで

                    思いきっり泣いていいと思います。

                  無理して笑顔を作ってもそれは嘘だから…

      そうしなくっちゃ!って思うことが悲しい思い出が余計長引いてしまうような気がする。

            素直な気持ちになって涙枯れるまで泣いていいと思います。

       愛する子と過ごした沢山の思い出が自然にその悲しみに代わってくれるまで…



          こうした悲しみはペットと一緒に生活していたら避けられません。

       しかしそれは… 愛・感謝・優しさなどを考えさせられる素晴らしい体験です。

             最後の最後まで私達飼い主を癒してくれています。

                

                  病気に頑張って闘っていた子も

                 年老いて自由が利かなくなった子も



             彼らはみんな少しでも私達家族と長くいたいんです。

              そうして自分が納得したら旅立っていくのです。



                          だから… 

                   最後のお顔もみんな安らかです。


                        にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
                        
 

                       ポチッとお願いね!  

関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

コロリ達の母 | URL | 2010-12-17-Fri 15:55 [EDIT]
妹君が立ち会ってくれるんなら
その霊園は安心やわ
私も家族として最後はしっかり
送ってあげたいもん
少し前ひどい業者が新聞とかに
出てたから少し不安やったけど
そんな所ばかりやないんやね
家族の最後を飾るむずかしいお仕事や
思うけど妹君なら最適やね
とーさんが言うたはるように
毎回感情移入しておいおい泣いてるんちゃう
寒いから自己管理しっかりして
シッポ達の為に頑張って・・・・・泣いてやって(爆)

chiemom | URL | 2010-12-17-Fri 17:47 [EDIT]
母さんにお礼のコメントなんて思って来たら・・・泣いちゃったよ・・。
本当に幸せに過ごした子は最後も幸せな顔をしてくれるのね。
私もクレアとカナンにそう思ってもらえるように頑張ります。
こんばんわ
ククのいくこ | URL | 2010-12-17-Fri 19:18 [EDIT]
寒い中お疲れ様です
そう言う悲しい場所に立ち会うのはとても大変でしょう
でも立派なお仕事ですねー
皆さんの悲しみを分かってあげられる人がいれば
きっといらっしゃる方も安心でしょう

けいたん | URL | 2010-12-17-Fri 21:18 [EDIT]
わんこと一緒に暮らすということは、お別れも避けては通れないこと。
分かってはいるのですが、想像しただけでもう涙が出てきそうになる私です。
きっと覚悟ってものはこれから先もできそうにない私ですが、
その時を後悔しないで迎えられるように
一杯の愛を持って暮らしていこうと思っています・・・・って
書いてるだけで泣けてきた・・・・・

まろん | URL | 2010-12-18-Sat 14:37 [EDIT]
お疲れ様です(^^)
素敵なお仕事ですね☆

私も、母さんの意見に賛成です。
悲しみや苦しみって、無理に消そうとしたら
へんに歪んで心の奥底に残ってしまう気がします。
それよりもゆっくり自分の速度で、自然に癒していくのがいい気がします。
何度もペットロスを経験された母さんだからこそ、
愛するペットを亡くしたご家族の痛みを分かってあげられるし
いたわってあげられるのでしょうね。
大変でしょうががんばってください。

★さそりちゃん★ | URL | 2010-12-18-Sat 22:02 [EDIT]
昼間はペット霊園…って、母さん掛け持ちで働いてるのですか!?
体壊さないように気をつけてくださいよ~(ρ_;)★

死者に対する考え方…
いつまでも泣いていてはetc…っていうのも、母さんの考え方も、どちらもわかる…
感情がある生き物だから
『こうするべき、この方が…』って思っても、気持ちが…っていうのが現実というか…。

ずっと元気に、ずっと幸せに暮らして行けたらいいけど
命は限りあるもの…
淋しい…悲しいですね…

コロリ達の母さんへ | URL | 2010-12-20-Mon 01:00 [EDIT]
ここは併設されている人間用の墓地が大きいので信用はあるようです。
来られる方の中にはねーさんのように言ってくださる方もいます。
ペットとは言え…大切な家族だと思う方が来られるので
同じような気持ちを持っていないと誤解も多いのは確かです。
自分の場合と同じように何度経験しても一緒に悲しくなっています。
いつになったら平静に仕事としてできるのだろうか?

chiemomさんへ | URL | 2010-12-20-Mon 01:05 [EDIT]
お礼だなんて!
なんでも同じだけれど…経験した者ではないと苦しみや辛さは
本当に理解できないことが多いものね。
私も過去を振り返るとこれでも悩んで子育てしていたのかも?

龍ちゃんやトーマス以外…
最期のお顔ってまじまじと見たことなかったけれど
この仕事を始めて多くの子の顔を見ています。
本当に飼い主さんに感謝のお顔をしていますよ。
感情のある生き物ですから…
ちゃんとお顔に出ています。

ククのいくこさんへ | URL | 2010-12-20-Mon 01:11 [EDIT]
大変と言うより…辛くなります。
あぁ~この家族も私と同じような気持ちで過ごすんだなぁ~
って思います。
仕方ないのよね!仕方ないのよね…
そういって泣いてお別れをされる方が多いです。
納得している?しようとしているんです。
でも…お別れは本当に辛い。
いつまでも撫でていらっしゃいます。
私も同じでした。この姿を見れる最後の時ですからね…
納得していても心の中はとっても辛いのです。

けいたんさんへ | URL | 2010-12-20-Mon 01:21 [EDIT]
半数以上が高齢で亡くなって来られる方が多いので
覚悟はある程度できていたと言われますが
その分、一緒に過ごした時間も長いので辛く悲しみも深いのです。
ずっと病気で治療費にいっぱいお金をかけてこられた方もいます。
1歳のお誕生日を迎えるまでに天使になってしまった子もいます。
お別れの瞬間も人それぞれですが、きちんとこうして
供養してもらえる子は本当に安らかなお顔です。
その家族それぞれ色々な気持ちを持っていらっしゃるので
私の声かけもそれぞれですが…
ありがとうございました… そう言われると私もほっと一息つけます。
後悔しないように…。そう思って過ごしてきていても…
最後はやっぱり飼い主には後悔が残ります。
それでもペット達は感謝しています。
いままでありがとう…そんなお顔をしていますよ。

まろんちゃんへ | URL | 2010-12-20-Mon 01:29 [EDIT]
経験があるので本当に飼い主さんの気持ちが
ストレートにわかって仕事になっていないかもしれません。
初めてお逢いする方ばかりですが前から知り合いのような気持ちで
一緒にお別れしています。本当に辛い瞬間です。
私は龍ちゃんもトーマスも声が出るほど号泣でしたから…

ペットロスだけに限らず…
人間って辛いこと悲しいことがあった後はその人自身のペースで
心を修復すればいいと思っています。
その時の状況は人によって違うのですから人様に左右される必要はないかと…
いつまでもメソメソしていたらいけないことはみんなわかっていることです。
でも!だからといって無理に抑えても解決しないよね!
自分の気持ちに整理がつけば自然と笑顔も戻ると思います。
それが何年かかったっていいと思う!

さそりちゃんへ | URL | 2010-12-20-Mon 01:41 [EDIT]
とりあえず!5月末までは夕方から夜10時まで…
掛け持ちしています。なので毎日バタバタだしクタクタなんです。
でもこうして多くの方に支えられてブログも手抜きだけど頑張れます!

前の子のお骨もまだ家にある!そんな方もいっぱいいます。
数年たってもまだ整理がつかない方が多いです。
早く土に返してやりたい!そう思っていても離れられないのです。
それってやはりよくないことですか?と問われることもしばしば…。
人それぞれ考え方はあると思う。
なので人それぞれ納得できたときに次の行動に移せば良いかと思っています。
ずっと一緒に暮らしてきた文句ひとつ言わなかったわが子ですから
そう簡単に気持ちの整理はつきません。
人が言うから…そうしなくちゃいけないから…
それが又、飼い主にとって辛い言葉でもあります。
私は…自身が気持ちの整理がついたときでいいと思っているのよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.