Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
6年前の辛かった今日
       左サイトのgremzのト-マスの樹…13本目が成長しました 

               ってくらいしか今日は写真もネタもないので…

                 2006年ブログを始めた年の11月って?

                        振り返ってみました



         トーマスに生れて11年5ヶ月はじめてのことがおこりました

         同時にかーさんは自分を責めトーマスに詫びた日でもありました

    1a2006_11260017.jpg

         散歩の時に歩くペースが遅くなって様子がおかしいなぁ~と思って

                      病院へ行ったところ…

            まさかの!まさかトーマスは病院から帰れずそのまま

                        緊急手術

            考える余地などありません 1分1秒待てない状態でした

                  トーマスの子宮は爆発寸前でした

               歩くだけでも破裂するおそれがあったのです

    2a2006_11260001.jpg

          トーマスの子宮から排出された物…500g~600gの膿

                  そして乳腺腫瘍を3つとりました

               かーさんが見せられた摘出後の子宮と卵巣…

               普通はタバコ1本分くらいの細さだそうです

                    それが…トーマスの場合

          鶏のLLサイズの卵大(いやそれより大きかったかも?)2個

                   水風船のようにパンパンでした

              それだけではなく他に鶉の卵くらいのが4つ…

                 ウィンナーのようにつながっていました

    3a2006_11280002.jpg

           生れて11年…病気ひとつせず元気でお転婆だったトーマス

                      ここまで子宮が卵巣が…

                       辛かっただろうに…

              この時この病気の疑いがあると教えてくれたのは

                 今のトリミング先のオーナーなんですよ

                 トーマスも…そして今、ダイちゃんも…

               オーナーはClub Thomasの命の恩人です



          この時まで本当になんの知識もなくただただ可愛い!可愛い!と

               トーマスと過ごしてきたことを深く反省しました

                きちんと病気やケガのこと勉強しなくっちゃ!

                トーマスのこともっと守ってあげなくっちゃ!

                   もっと毎日を大切にしなくっちゃ!

                       そう思ったのでした


          ちなみにこの10日ほど前にダイちゃんの去勢手術しています

          あれから6年… もう? まだ?どちらとも言えない心境です

            
                         トーマス…

         今かーさんはあなたに学んでダイちゃんの病気と一緒に戦ってます

                   今日はダイちゃんの病院の日

                       トーマス守ってね!

                     にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
                  ぽちっと  お願いネ 
                          

関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
元気だと‥‥つい!
ラッキーパパ | URL | 2012-11-25-Sun 09:27 [EDIT]
トーマスちゃん!
たいへんだったんですね。
元気だと、ついつい油断して‥‥
ラッキーも、元気なので、会陰ヘルニアも対処が遅れ
僧帽弁不全症も会陰ヘルニアの手術の時に見つかりました。
反省です‥‥
ブログを始めて、いろいろな人から、たくさんの情報をもらっています。
もしブログを始めてなかったら‥‥とぞっとします。
ブログは、いいですね。

chiemom | URL | 2012-11-25-Sun 10:44 [EDIT]
11歳で大変なことが起きたんですね。
でも母さん自分を責めたらだめですよ~ワンコってそう言った腫瘍なんかもあっと言う間に出来ちゃうし 気付かない事だってあります。でも結果 ちゃんとその時は無事に終わったんだしね。
トーマスの全体焼豚状態がなんだか痛々しいわ~。
それにしても今のトリミングの方 命の恩人ですね。

パールどん | URL | 2012-11-25-Sun 13:24 [EDIT]
トーマスちゃんも大変な病気になっていたのですね。
ワンコは、我慢強いのでわかるのが遅くなるのですね!
トリミングの店長は、沢山のワンコを見てるので凄いですね。

アトムパパ | URL | 2012-11-25-Sun 17:00 [EDIT]
こんにちわ。
どうしても、もっと早く気が付いてあげられれば・・・
と、思いますよね・・・

でも、病気と闘ってる方のブログを見ると、
よく、こんな些細なことで、病気を発見できたな!
と、驚きます。

結局は、飼い主さんだから、早く気がついてあげられたんですね~。

でも、どんなに注意しても、悔いは残りますね・・・

相棒ちゃん | URL | 2012-11-25-Sun 23:36 [EDIT]
母さん、気持ちすごく すごく分かりますよ~。
申し訳ない気持でいっぱいで、可哀そうでたまらない気持になったでしょうね・・☆~(+。+U

でもトーマス姉さんの手術が間に合ってうまくいったのだもの~

日々観察してるつもりでも、分からないこともありますよね
忙しさに流されていってしまう日々が続いたりも。

でもきっと愛情があるのだから、伝わりますU*^ ^*)

ダイちゃんもいっぱい頑張ってエライよー!

ラッキーパパさんへ | URL | 2012-11-26-Mon 01:03 [EDIT]
そうなんですよね~
動物はみんな我慢強くて様子がおかしいと飼い主が
感じたときはかなり悪化していることが多いですよね~
トーマスもずっと元気でね!
生れてはじめての手術でした!
これに学んで避妊や去勢は早くする!って思いました。
この時もブロ友さんに支えられましたね~
何度も何度もブロ友さんには感謝しています。
ブログって本当にいいですね~ありがたい!
知らなかったこといっぱい学べるものね~

chiemomさんへ | URL | 2012-11-26-Mon 01:10 [EDIT]
この時もね~いつも私を引っ張って散歩してたトーマスが
私のはるか後ろをトボトボついてくるので足が痛いのかな?
って軽い気持ちで病院へ行ったので事の重大さに
大ショックで泣きましたね~。
トリミング先のオーナーにはトーマスもダイちゃんも
素晴らしい判断をしていただき助けてもらってきています。
オーナーは動物病院の看護師の経験もあるようなので
私の一番身近な信用信頼ある方です。

トーマス?焼き豚?ふふ
この頃めっちゃくちゃオデブさんでしたからね~
子宮に膿がパンパンにたまってお腹がすごいことになっているのに
ダイエットせなあかん!とか思っていたのんきな飼い主でした。
なのでまさに焼き豚だったね~ 今、思うと懐かしいな~

パールどんさんへ | URL | 2012-11-26-Mon 01:22 [EDIT]
トーマスはこの時まで元気で病気ひとつしなかった子なんです。
子宮蓄膿は避妊手術をしなかった飼い主のせいですよね~(涙)
そして即、手術まで気づかなかった私。
もう頭が真っ白で病院から帰るとき私ひとりで…
泣きながら運転していましたよ。
なのでリロも純ちゃんも1歳なる前に手術しました。
早ければ早いほどトーマスと同じ病気になるリスクが低いですからね~
トーマスには辛い思いばかりをさせてきて本当に謝りたい。

トリミング先のオーナーは動物病院で看護師の経験者なので
様子がおかしいと即、相談します。
トーマスの時から実際恩人で信用度高いのです。
今回もダイちゃんが助けられましたからね~
足向けて寝れませんよ(笑)

アトムパパさんへ | URL | 2012-11-26-Mon 01:29 [EDIT]
この時…
いつも散歩にでると嬉しくて私を引っ張る子だったのが
私よりはるか後ろでついてくる感じでした。
食欲旺盛で食いしん坊だったのにフードも残す
どこか足が痛いのかと思って病院へ行ったら
まったく違う重大な病気が重症で…
自分が飼い主として情けなくて泣けました。
こういった経験があって今、それをダイちゃん達にいかしています。
もっと病院へ行くのが遅れていたら子宮は破裂して
大出血でトーマスは死んでいたでしょう。
情けない飼い主でしたよね…。
そして最後は腫瘍の手術で本当に亡くしてしまった。
もっと早くわかっていたら…
なので元気でも定期健診の大切さをすごく感じますね!

相棒ちゃんへ | URL | 2012-11-26-Mon 01:37 [EDIT]
トーマスには本当に辛い思いばかりをさせてきたと
今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです。
なのでおなじことを今のちびっこ達にさせないことが
トーマスの望みかと思っています。
あの時も…
足が痛いのだろうとそんな思いで病院へ行ったら
即、手術の重大な現実に涙がボロボロ出てきちゃって
手術自体初めての経験だったしね~
トーマスが転んだりどこか高い所から飛び降りたりしてたら
子宮が破裂するほど子宮が膿でパンパンだったのです。
それをお腹が出ておデブリンだと笑っていたのですからね~
この時先生には… 神様が救ってくれた命を大切にしましょうと
言われました。それなのに…。

愛情に最高点はありませんね。
もっともっとしてあげれたことがあったと後悔ばかりです。
ダイちゃんも又、調子悪くて…
結構、今凹んでいます(笑)
元気に歩き出して調子goodだと思っていたのに…
もっと勉強しなくっちゃダメだね~

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.