FC2ブログ
Club Thomas
虹の橋組と2ワンズとファミリーの毎日
愛する子の最期を看取る…
                   ご存知ない方もいると思いますが

                 かーさんはペット霊園で仕事をしています

               火葬や供養にはもちろんそばで立ち会いますが

           お電話や来園されてご相談を受けることもいっぱいあります

      最近はまだ頑張っていますが時間の問題だとおっしゃって事前のご相談も

          とっても多くきちんと最期を考えて下さっている方が多いのです

              こんな状態でどうしてあげたらよいのでしょう? 

     以前は火葬や供養の事前相談が多かったけれど最近こういったことも受けます

                   これは人それぞれかと思います。

       かーさんはトーマスも龍ちゃんも突然死だったので看病を知りません

                            でも

       ここにいるよ! そばにいるよ!安心して!といっぱい声をかけて

             できればいっぱい抱きしめてあげて下さい

          抱きしめてあげられない状態なら飼い主さんが近づいて

     大好きな大好きな飼い主さんの匂いをいっぱいかがせてあげてください

                       そうお伝えします

      
           亡くなる直前って身体に力が入らず反応はできないけれど

                聴覚と嗅覚はしっかりしていると言います

      死が近づくと気道の中の分泌物が増えてゴロゴロって音がするそうです

       何かを飼い主さんに伝えたい…ちゃんとお別れをしょうと思っているのかも?

                    そう感じることが多いようです

    ハァハァと呼吸が乱れて苦しそうですがこの頃は既に苦しみから解放されてる

                        そうなんですよ

             悲しいいのと淋しいのとで気が狂いそうな時だけれど

         決して彼らは苦しんでいるのではなく気持ち良くなっていると意識して

            最期までそばでいっぱい名前を呼んであげてほしいのです

         今からひとりで旅に出るのですから温かく見送ってあげてほしい…

             身体は無くなるけれど今から魂の誕生ですから…

              そうお伝えすると飼い主さんは必ず涙されます

                      かーさんも辛いです

       だけどかーさんはトーマスも龍ちゃんもこうしてお別れができなかったから

                 突然のお別れは本当に辛いものです


            飼い主としてこの辛さと悲しみを乗り越えること… 

              それが義務であり責任ではないでしょうか

           泣いてくれる人がいるペット達は本当に幸せなんです

    201211281aIMG_1408.jpg

            トーマス… かーさんは… ちゃんとお別れしたかったよ

               みんなにはちゃんとお別れしてもらいたいです

                     にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
                  ぽちっと  お願いネ 
                          

             ブログランキングぽちっと応援お願いしますね~ 

             明日はダイちゃんお誕生日! 還暦で~す! 
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

sofia | URL | 2012-11-28-Wed 02:11 [EDIT]
私も今まで3つのかけがえのない命を送ってるのでママさんの言われんとしてること分かります

うちの子になった時に絶対約束することがあるんです
それは一人で絶対旅立たないこと

ほんとそうですね、色々な器官はひとつひとつ畳み掛けるように冥福していく中でも耳は最後まで聞こえていると言われます

胎児の時代でも耳が一番最初に発達し
臨終を迎えても耳だけまだその役目を果たしていると
なので事切れても感謝の気持ちを伝えたらちゃんと受け止めて
旅立っていくそうです

この世界は縁起の法則の中でも成り立っていると哲学的にも言われてますが、
原因結果の因果関係に縁が作用する
縁を結んだ命とはきっとまたどこかで出会えます
ママさんもきっとトーマス君たちに出会えます

私はモモを送った時、すぐに戻っておいで!と約束したんですが
モモや!と思う確信が怖いほどあるのが桃香なんですよ

この辺は経験したことがないと信じられないかもしれませんが・・・(∩∩*)ゞ

悲しみの心を少しでも癒してあげるお手伝いをされてるのは素晴らしい事だ思います
皆様の力になってあげて下さいね

アトムパパ | URL | 2012-11-28-Wed 07:59 [EDIT]
こんにちわ。
最近は、死と向き合うことが無くなりましたね。
人でも、家族に看取られるのは少なくなって、
病院で亡くなる方が多いのではないでしょうか?

アトムは、ちゃんと看取ってあげたいと思います。

相棒ちゃん | URL | 2012-11-28-Wed 12:56 [EDIT]
ほんとですね~・・
モカ姉さんも最期は一人で静かにいってしまってU×Å×U
いっぱい看病したけれど、最期をちゃんと看取ってあげたかったなぁ~。

ラックぱぱ | URL | 2012-11-28-Wed 16:26 [EDIT]
いいお話しを聞かせていただきました。
我が家ではワンちゃん買ったのははじめてで
毎日毎日癒されています。
7歳のラックは、いまは元気いっぱいの日々ですが
いつかはお別れの日がと思うと・・・。
その時こそ、このお話しのようにしてあげます。

sofiaさんへ | URL | 2012-11-29-Thu 12:20 [EDIT]
トーマスは病院から帰ってきて私がブログアップしている後ろで
突然息を引き取りました。
龍ちゃんは入院中に急変しかけつけたときは管で心臓を
動かしている状態でした。
だけどトーマスも大きな手術をした当日に入院することもなく
帰れたのはトーマスなりにお別れの準備をしたかったのでしょうね。
龍ちゃんも夕方みんなでお見まいに行った時、キュンって泣きました。
これがお別れだったのかもしれません…。思い出すとまだ悲しいです。

同じ屋根の下で暮らしていると似てくるのかな?
我家もリロがどんどんトーマスに似てきてます。
姿、形は違うけれどやることがそっくり!
トーマスに言われたか?トーマスがそばにいるのかな?
こういったことで飼い主も救われるとこありますね。
なんだか女の子の方がそういいった点やっぱり持って生まれた
母性なのでしょうか?

アトムパパさんへ | URL | 2012-11-29-Thu 12:48 [EDIT]
私自身も病院で最期を迎えるより家がいい!
たとえ病院であっても家族にそばにいてもらいたい!
きっと…
家族がいたら意識はなくても安心して逝ける気がする。
なので絶対ペットも同じだと思っています。
そして飼い主としても腕の中で息を引き取ってもらうことが
理想ですよね…
私もそうしたいと強く思っています。

相棒ちゃんへ | URL | 2012-11-29-Thu 12:52 [EDIT]
もしかして?
モカ姉さんとトーマスは虹の橋で同じ話をしているかもね?
私もトーマスが病院から戻って安心してたので
まさか死ぬなんて夢にも思っていなかったから…
あの心肺停止したトーマスを夜間救急病院まで
泣きながら名前を呼び続けました
もしかして聞こえたら目を覚ますかな?ってね!
あっけないお別れすぎて辛かったわ。

ラックぱぱさんへ | URL | 2012-11-29-Thu 12:57 [EDIT]
当霊園へお問い合わせの方のペットちゃんは
もう長いこと寝たきり…もう食事も嫌がる…
そんな状態で旅立ちの準備をしている子を前にしている方からです。
息を引き取れば覚悟はしていても大パニックです。
私も気が狂いました。
なので生きているうちから多くの情報を耳に入れていれば
少しは違うと思うのです。
とはいっても…突き落とされた感が強くて難しいですけど。
お別れをするのは
ISA | URL | 2012-12-02-Sun 22:07 [EDIT]
ほんとに辛いけれど、
まて会える!と信じてます。
Thomasお姉ちゃんの
安らかに眠るようなお顔は
かーさんとの時間が本当に幸せで
あったことの証だとおもいます。
また涙しちゃいました。

ISAちゃんへ | URL | 2012-12-04-Tue 20:40 [EDIT]
トーマスを最初から知っているISAちゃんに
そう言われると本当にまた涙が出る…
なんであんな突然逝っちゃったのかな?
きっと一生懸命家に帰ってきたんだろうね?
あんな大きな手術して日帰りで帰れるなんて!
確実に一泊すると思っていたのに…
でも一泊してたら独り淋しく逝ったかと想像すると
息子たちやちびっこ達、そしてとーさんや私の中で
旅立ったことが何よりだと思うしかないです。
本当に炉に入れるまで優しい顔は変わらず
『かーさん!先に行って待ってるよ!』って言ってるようでした。

あぁー!ISAちゃん!3年以上たってもまだ泣くか?
涙出てきたわ~

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.