Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
ペットと飼い主だけでなく ペット同志の不思議もあるよね
           昨日のブログでは皆さんも同じような体験をされた方も多く

            沢山のコメント…そしてメールをいただきありがとう!

         こういった話は動物の嫌いな人には理解できない話みたいだけど

              共感できる仲間もいっぱいいて…嬉しいです

                          


                    かーさんの職場はペット霊園

       なので来られる方はほとんどがペットの火葬や納骨等の供養のご相談…

                         お参りの方…

                  そして火葬や納骨の事前相談の方…

            来園された方とは時間の許す限りいっぱいお話をします
               (だから後で事務処理に追われてバタバタするんだよね)

        ですから来園者の多い日は一日中しゃべっての喉がガラガラになります

                  ペットを亡くされた方は思い出話を…

            今、一生懸命頑張っているペットの飼い主さんはその様子を…

                 それはそれはいっぱい話して下さいます

            ここへ勤め始めて1年ほどは…話など悲しくてできないだろう!

          そう一方的に思って余計なことはしゃべらないでいよう!って思ってた

                      でも… 違うんだよね!

              涙を流しながらでも、いっぱい話してくれるのです!

                     それがやっとわかりました

              来園される方ひとりひとりペットとのドラマが違うし

          家族の一員として一緒に過ごしてきたペットの話は尽きません(笑)

         大抵の方が… 仕事の手を止めて長時間話を聞いて下さってありがとう!

                  と最後は笑顔で帰っていかれるのです

               かーさんはその笑顔で仕事の忙しさも辛さも忘れて

                        心から救われます

                            

        この仕事をして… 本当に飼い主さんの心がやっとわかった!って感じます

                  今までもわかっていたつもりでしたが…

                      違う方向だったんだよね!



                    今日も素敵なお話を聞きました

                                                        

            大型犬ですでに10歳を超えた寝たきりの子…事前の相談です
         (ちなみに大型犬の場合は連れてくるのが大変なので送迎中心の相談が多いのです)

        その子のそばに2年ほど前から野良猫がずっと寄り添うようになったそうです

         最初はその子自身も嫌がっていたし野良猫なので追い出していたそうです

          それでも懲りずに家にやってくるのでおとーさんがシャンプーして

          病院で診ていただき家の中で正式に同居するようになったそうです

        それからずーっとそのわんちゃんに寄り添うようにいつもいるそうなんです

             今度写真を持ってきます! そうおっしゃっていました

        野良猫は何かを感じてそのわんちゃんにずっと寄り添っているのでしょうね


                    昨日のブログのお話のように

                   ペットと家族(人間)だけでなく…

             動物同志、ペット同志も深い不思議な絆がありますね

        Club Thomasもそうですが多頭飼いの方は感じることありますよね?


             動物は人間と違って絆が深いし… 絶対裏切らないね!

         本心ではない口だけの人間よりペットに救われる方も多いと聞きます

                            

                     かーさんも同じ意見です!

                      にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ


                    ぽちっと  お願いネ 
                                        

          本日もダラダラ文字だらけのClub Thomasにお付き合いいただき
                      ありがとうございました
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

アトムパパ | URL | 2013-02-08-Fri 00:38 [EDIT]
こんにちわ。

そのネコちゃん、ワンちゃんと縁があったんですかね~?
生まれる前からの関係を縁って言うのかな?
仕事の手を休めて‥‥
ラッキーパパ | URL | 2013-02-08-Fri 08:02 [EDIT]
そうなんですか‥‥
仕事の手を休めて、お話を聞いてあげてるんですね。
それは、仕事が遅れて‥‥
母さんたいへんですよね。
接客かかりもされているのだから‥‥
悲しくても、さびしくても、話したいんですよね。
いや、悲しいから、さびしいからこそ、
それを親身に聞いてくれる人が欲しいんですよね。
それに共感してくれる人が‥‥
それが、母さんなのですね。
母さんに、お話をきいてもたえた人は、
みなさん、心が軽くなっていると思います。
母さんの仕事、減らしてもらわないと‥‥(笑)
その野良ちゃん!
不思議ですね。
何が、そうして惹きつけ合わせたのでしょう‥‥
とってもいいお話ですね。

パールどん | URL | 2013-02-08-Fri 10:59 [EDIT]
そうですね~ペットを飼ってると色んなドラマがあるのですね。
飼い主」さんも話す事によって思い出を分かち合えるのか嬉しいのですね^♪
トーマス母さんは、だから忙しいのですね~!

なんと猫ちゃんが、傍に寄り添って暮らしてくれて入りのですか~♪
不思議ですね普通は、ニャンコはそんな事しないと思うので。

sea | URL | 2013-02-08-Fri 20:46 [EDIT]
昨日のお話も今日のお話も
じんわり心に響きます。

なんだかイイ言葉が浮かばなくてすみません(^^ゞ

不思議 | URL | 2013-02-09-Sat 23:56 [EDIT]
そのニャンコちゃんはワンちゃんと何か会話しているような気がします。ニャンコの存在がそのワンちゃんにとりパワーになり、楽しい毎日が一日でも長く続きますように。(^ー^)

アトムパパさんへ | URL | 2013-02-11-Mon 11:50 [EDIT]
すごく素敵なお話でしょ?

縁って…
見えない赤い糸で結ばれてるのよね…
その糸が短ければきっと早くめぐり逢えるのかもしれませんね。

ラッキーパパさんへ | URL | 2013-02-11-Mon 12:12 [EDIT]
ご相談に来れれる方は最初とても構えていらっしゃいます。
それをいかに素直にお話していただくか…
それは話をじっくり聞いてあげることのような気がします。
思い出したくない!と思っていても話を聞いているうちに
鮮明にお話をして下さいます。
それにはやはり時間は必要なんです。
なので後で業務処理のつけが…(笑)
でもお話を聞くことも私の仕事ですから!
それで飼い主さんの心がすこしでも楽になったと
感じて頂ければそれでいいんです。
私もトーマスを亡くした時がそうでしたから。

こうして来園された方からいっぱい心温まる話を聞きます。
なので無駄な時間とは決して思いません。

パールどんさんへ | URL | 2013-02-11-Mon 12:24 [EDIT]
そうなんです…
喋ることが嫌いでないので…ついつい仕事を忘れて(笑)
でも帰られるときのお顔が来た時とまったく違うんです。
そして…話を聞いて下さってありがとう!
そう必ず言われます。 誰かに話したいのよね! みんな!
でも誰にでも話をできる内容でないから…

この猫ちゃんは大型犬のお腹ののところにスッポリ入って
いつも寝てくれているそうです。
なんだか微笑ましいですよね!

seaさんへ | URL | 2013-02-11-Mon 12:28 [EDIT]
ありがとう!
言葉なんていいんです。
何か伝わるものがあれば…。
私もこの仕事をしていなかったら知らないことです。

これからも…
何か素敵なドラマがあったらアップしたいと思います。

皆さん本当にペットを家族だと思って
一生懸命愛情を注いでいます。
亡くなっても尚強く…
それはその子の幸せですよね。
良かったね!って天使に言いたくなります。

不思議さんへ | URL | 2013-02-11-Mon 12:30 [EDIT]
私もそう思います!
ワンちゃんの身体を自らの体温で温め
同時に頑張れ!のパワーを注いでいるのでしょうね。
それが野良ちゃんだけにびっくりしますが
すごく不思議だけど温かいお話ですね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.