Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
安楽死について…
   Club Thomasのお友達のミッキーちゃん

   24日午前10:45… お空へ旅立ちました

   病院にて安楽死という選択をされました

   1995年4月13日~2013年5月24日 享年18歳

   トーマスと同じ1995年生まれ組のヨーキーちゃんです

ミッキー3


   かーさんには安楽死の経験がありません

   トーマスの手術をどうするか?という時に 病院の先生に

   このまま放置していたら近いうちにモルヒネでも効果のない痛みに苦しみ
   見ていられなくなります その時に手術は遅く安楽死を考えることになる
   時が必ずきます

   そう言われて初めて安楽死ということを真剣に考え悩みました   
   かーさんのまわりに安楽死により旅立たせた知人がいました

   痛みのない状態で自分の腕の中に抱きしめたまま眠るように旅立たせてあげたことに
   後悔はしていないと言っていました 
   家族全員が見守る顔を見つめながら眠りに入った顔は数年ぶりに見たその子のとても
   安らかな顔だったそうです痛みと闘い苦しむ顔で最期を迎えるよりずっと良かった
   そう言ってその時、安楽死も決して罪なことじゃない!と思いました

   ただ… 後悔ではないけれど、そばにずっといてほしいと思うばかりに痛みと苦しみの
   時間を多く与えてしまったことを謝りたい… そう言ってました

   でも、かーさんはトーマスに手術を選んだばかりに手術後に亡くなった…
   手術しなければよかったと後悔したけれど 簡単に選んだ選択ではなく
   考えて!考えて!考えて考えてそして決めた事なのでそれは最善の選択でした
   同じ選択でも安楽死の選択というのはかーさんの悩みの何十倍も何百倍も
   悲しく辛い選択だったと思います
   ミッキーちゃんのママもきっと同じだったと思います

 

   かーさんは自分がその立場になった場合、安楽死をしてほしいと思います 
   生きていても…生かされていても…自分が痛みと苦しみに何年も耐えて行くことは
   地獄です  ただ人間は安楽死が認められていませんからね…
   幸か?不幸か?犬には安楽死が認められています 
   なのでかーさんは長い時間苦しめたくないと選択するでしょう

   安楽死… 賛否両論あると思われます
   苦痛を伴う生活を余儀なくされた時 飼い主の負担が大きい時 問題行動などの理由等
   一生懸命撫でても 抱きしめてあげても 痛くて苦しくて
   それを嬉しいと感じているように思えなくなったら…

   飼い主が自分なりの考えをまとめておく事は必要なことだと感じてます

   
   もう苦しまなくていいのです  その子も そして家族も…

   安楽死は麻酔の過剰投与による方法なので眠るように旅立ちます
        
   かーさんも最後のプレゼントとして安楽死を選択すると思います
        

   彼の命を奪おうとしているのは病気であり私達ががしようとしているのは
   彼を苦しみから救うことだけだということを忘れないで下さい。
   私達の課題はとても難しいものではありますが彼に価値ある命を与えることから
   価値ある死を与えることに頭を切り替えることなんです。
   お互いに助け合ってこれを乗り越えられるんじゃないでしょうか
   (<ペットロスと獣医療>より)

        
   ミッキーちゃんのご冥福を心からお祈り致します
   ミッキーちゃんのママ 少しゆっくりお体を休めてくださいね
   ミッキーちゃんのこと…絶対忘れない!
   そしてミッキーちゃんが結んでくれたこのご縁は宝物です

   ありがとう! ミッキーちゃん!
   虹の橋は明るくてとっても良い所だよ!
   1995年組のトーマスも ヨーキー組の龍ちゃんにも逢ってね!

   にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
   ぽちっとお願いします
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

相棒ちゃん | URL | 2013-05-28-Tue 00:15 [EDIT]
ミッキーちゃん可愛い~
虹の橋渡って行ったんですね。
モカ姉さんと遊んであげてほしいなぁ~。

モカ姉さんの時、何度も何度も安楽死を考えたのを思い出しました。
先生の勧めもあって最期までしなかったけど、でもやっぱり
それはそれで、辛い期間を長引かせた気がしてならず。。

難しいですね~、本当に。

茶子 | URL | 2013-05-28-Tue 00:41 [EDIT]
ミッキーちゃん幸せな18年の生涯でしたね
もう自由な身体になったんだね
安楽死のイメージは辛いけれど
やはりその場を経験しないとわからない事だと思います。
生活環境やその子の苦しさもそばにいる飼い主しかわからないことですものね。
悩んで悩んで苦しむ我が子を見てきた時間も辛いでしょう。
安易なお気持ちで決める事ではないので大変だったと思います。
こういったお別れも含め愛する大切な子との
お別れはやはり経験者でないと家族の気持ちはわかりませんね。
かーさん、今のペット霊園はそんな経験者がいないので悲しいです。
虹の橋の意味さへわからない人が顔だけ悲しそうに演技してます。

ミッキーちゃん
虹の橋はとても温かくて明るい聖地です。
いっぱい友達もいるので安心して出発してね
ご冥福をお祈り致します。

アトムパパ | URL | 2013-05-28-Tue 08:02 [EDIT]
ミッキーちゃんのご冥福を、お祈りします。

ミッキーちゃんのママさん、辛い選択でしたね・・・
私も同じ状況だったら、同じ選択をすると思います。
ミッキーちゃん!安らかに‥‥
ラッキーパパ | URL | 2013-05-28-Tue 08:45 [EDIT]
ミッキーちゃんが、虹の橋に‥‥
安らかに‥‥
ご冥福をお祈りします。合掌
安楽死‥‥
ラッキーも最後はその覚悟です。
癌の末期の痛みは‥‥
人の場合は、合理的なモルヒネ投与で
痛みの緩和ができますが‥‥
ラッキーには、そんなに苦しい思いをさせられません。
ラッキーパパ自身も、そうして欲しいとおもいますから‥‥
その日が、ず~~っと先であることを願ってやみません‥‥
ミッキーちゃん安らかに・・
パールどん | URL | 2013-05-28-Tue 10:31 [EDIT]
難しいですね~何時までも傍に居て欲しいのですが!
そうですね~いつかその時が、来たら選択しないと駄目なのですね・・
苦しむわが子を見てるのは辛いですね・・

スムチー母 | URL | 2013-05-28-Tue 10:37 [EDIT]
ミッキーちゃん、長生きしたんだねー。
虹の橋ではぜひぜひ北斗とも遊んであげてねっ。
北斗より11歳も年上の大先輩だから北斗もたじたじになっちゃうかなぁー。あはは

安楽死については人それぞれ。賛否両論だよね。
私にはたぶん絶対選択できないことだろうと思います。
わが子が苦しんでいても選択出来ないことかなぁー。
ある意味自分のことしか考えてないってことだよなぁー。
とも自分で思う。
いつまでも一緒にいたい。みんなそう思ってるとこを物凄い悩んで悩んで悩みぬいて苦渋の決断を下すんだろうなぁーって思うんだけど私はその決断が出来ずに治療の決断をしてしまいそうだゎ。
どっちが正しいとか間違いとかではないんだろうけど難しい問題だょね。

ママちゃん | URL | 2013-05-28-Tue 10:48 [EDIT]
安楽死の事は私も考えます。
この先
その選択をすることがないでいたいと思う反面
その選択をしなきゃいけないことは覚悟してます。
ワンコと人間は違いますが
私自身、延命措置は望んでないです。

ミッキーちゃん
ココアもいるからね。
同じヨーキ
仲良くしてね。

はーちゃんママ | URL | 2013-05-28-Tue 17:43 [EDIT]
ミッキーちゃん、がんばったんですね
ミッキーちゃんのご家族も辛かったでしょうね。
うちも2度、お別れの経験があるので今のご家族の事を
思うと・・・辛くて胸がいたいです。

ミッキーちゃんのご冥福をお祈りします






ラックぱぱ | URL | 2013-05-28-Tue 18:21 [EDIT]
安楽死って賛否両論あるけど、
辛い辛い選択ですよね。
私も同じ状況になったらどうだろ~!?
きっと、ミッキーちゃんのママさんと同じ
選択をすると思います。
ミッキーちゃんのご冥福をお祈りします。

ゆみ | URL | 2013-05-29-Wed 09:15 [EDIT]
ミッキーちゃんのブログは ほしが要介護になった昨年12月頃から
お邪魔してました。安楽死の選択をしたことをかーさんのブログで知り今日 初めてコメントして来ました。
1995年組のお仲間だもの。きっとトーマスちゃんとほしちゃんと
仲良く走り回っていると思います。

ほしの最後の頃を思い出し 水も食事も受け付けなくなったのに
私が無理に飲ませた物は 全て吐いて苦しませてしまった・・

ほしが もう頑張れないと伝えてきた時に 手を加えず見守っていたら 
もっと安らかに眠れたのではないか・・
私が無理に栄養剤を与えたことで数日 命が繋がったのかもしれないけど 
ほしにとっては苦痛だっただろう・・

介護期間が短くて安楽死を真剣に考えたことはなかったけど
私自身のことだと かーさんと同じ考えです。

相棒ちゃんへ | URL | 2013-05-29-Wed 11:53 [EDIT]
ミッキーちゃん可愛いでしょ?
老犬ってどんどん生まれたころの顔に戻りますよね!
モカ姉さんを始めみんなで盛大なお迎えを受けているでしょうね!

私も安楽死はできない!って思う方でした。
でもやっぱりこれはその経験をしてみないとわからないことだよね!
どうすることが家族に…そして一番はその子にとって
一番良いことか?考える時間もいっぱい必要だしね!
みーんなそれぞれ環境が違うのでその家族でしか
決めれない決断だと思います。

茶子さんへ | URL | 2013-05-29-Wed 12:05 [EDIT]
人間でも介護って本当に大変な時間です。
いっぱいいっぱい愛情を持って介護されてきたミッキーちゃんは
本当に幸せな犬生でしたよね! うらやましいくらい!

そうなんだよね!
辛く悲しいこういった経験は味わった者しか絶対わからない!
覚悟はしていても実際はそれ以上につらいものね。
ペット霊園もお客様が電話してきた時点で
どういう心情で電話をして下さっているかわからないと
対応も心が通じません。
とは言っても火葬はしなくてはなりませんから
要はそのあとの供養をしていただけるかどうかでわかります。
今の事務員は愛犬とのお別れも未経験だし
他の霊園のこともまったく知らないのでこの先どうなるか?
心とは声に出さなくてもわかるものですからこの先を見ていたら
結果も出るでしょうね
どうか今、以上に安心、信用のあるペット霊園になりますように。

アトムパパさんへ | URL | 2013-05-29-Wed 12:10 [EDIT]
私も…
きっと同じ選択をしたと思います。
決して介護放棄ではありません。
ミッキーちゃんは介護の時間もいっぱいありました。
ミッキーちゃんのママも主婦の立場でほとんどひとりで
ミッキーちゃんのそばで頑張ってきました。
私はこれほど長く介護できないのではないかと思います。

ミッキーちゃんは幸せでしたね! 
18歳! 立派でしたね!

ラッキーパパさんへ | URL | 2013-05-29-Wed 12:18 [EDIT]
犬って本当に痛みや辛さを見せないですよね
とっても我慢強く最後まであきらめませんから
その苦しみを一番にわかってあげなくてはいけないのが
飼い主の責任だと思います。

私もトーマスの時にいっぱい考えました。
人間でも癌の痛みは辛いと聞きます。
私なら早く楽にしてほしいと伝えると思います。
だから手術をして悪いものを取ろうと決心したのですが…
ある意味、私にとっても辛い決断でしたが
ミッキーちゃんのママはもっと重い決断でしたよね

いつかはみんなやってくるお別れ…
その時になると頭が真っ白になって考えられなくなるので
事前に強い意志を持っておくことも飼い主の義務でしょうね

パールどんさんへ | URL | 2013-05-29-Wed 15:26 [EDIT]
安楽死を考える時って
病気で苦しむ場合だけでなく
色々な場合があるのですよね~
なのでこれは経験した者でないと
100%の理解は難しいと思います。
そして決して他人事ではないということ
を頭の隅においておかないと
いけない問題でもあるでしょうね

スム母ちゃんへ | URL | 2013-05-29-Wed 21:06 [EDIT]
ミッキーちゃん18歳だよ! それだけでも凄いよね~

私もある意味、トーマスに安楽死は考えられなかったから
手術をしたのだと思う…
でもね…
安楽死を決断する時って精一杯の治療もして介護もして…
きっとその上の決断になると思います。
なのでこれだけは実際にその経験をしないと
わからないと思う。
安楽死を選択した飼い主さんはみんなこれで良かったと
思う人が多いです。
辛い姿を何年もそばでみていたらきっと早く楽にしてあげたい
そう思うのではないかなぁ…

考え方は飼い主さんによって違って当然
どちらが良いか悪いかも他人は何も言えませんね

ママちゃんへ | URL | 2013-05-29-Wed 21:15 [EDIT]
シニアだけの問題でなく若い子もいつどうなるかわからないから
安楽死については知識や情報は頭にいれておくべきかもね
こういったことを経験したくないのが本音だけれど
こればかりはわからないものね。

私が小学生の頃、子猫が塀から落ちて下半身ぐちゃぐちゃになり
一晩看病したけれど学校に行っている間に母親が
病院で安楽死させたようでした。
私にはそうはその時言わなかったけれどね…

そうそう!
虹の橋にはヨーキー組もいっぱいいるからね~
きっとみんな笑って走りまわっているでしょうね~

はーちゃんママさんへ | URL | 2013-05-29-Wed 21:26 [EDIT]
はーちゃんママも2度お別れの経験があったのですね。
私も家庭を持ってから龍ちゃん、トーマスと2わん見送ってます。
子供の頃は何度もあったけど…
忘れはしないけれど悲しみもその時だけだった…
やっぱりお世話している身と可愛いって単に思う身では
こうも違うんだぁ~と実感です。

ミッキーちゃんのことはブログでずっと見守ってきたので
正直とても悲しかった…
でもやっと楽になったんだ…そう思えば気持ちも少し楽
介護が長かったぶんきっと今、ママさんも気が抜けていると思う
どうか前向きな気持ちで過ごしてほしいね

ラックぱぱさんへ | URL | 2013-05-29-Wed 21:32 [EDIT]
賛否両論あるけれど…
経験した人の中の意見が一番だと思うなぁ~
安楽死もそしてお別れも経験者でないと気持ちは
絶対わからないと思う。
特に安楽死は頑張って生きようとしている目の前の子の
命を人間の気持ちで止める行為
これは未経験者が思う以上の辛い辛い色々な気持ちがありますね。
特に数年間懸命に介護してどんどん悪くなるわが子を目の前に
したら楽になりたい?って聞いてしまうだろうなぁ~

ヨーキーは根性がありますからね~覚悟大事かも?

ゆみさんへ | URL | 2013-05-29-Wed 21:46 [EDIT]
ゆみさんもミッキーちゃんのブログ見てたのね…
私も生きていれば1995年生まれでトーマスと同じ歳!
ヨーキーってこともあったし…介護の様子は今後の参考にも
なるものね
1995年生まれの子がどんどん旅立って…淋しいです。

介護も覚悟!
そうなれば少しでも長くそばにいてほしい思いから
どんなことでもするよね!
食べることは生きることだから私だってきっと無理やり食べさせて
脱水したらいけないと水分も与えると思う
でも…何年もこういった生活が続くとお互いが辛いということなんだね

ミッキーちゃんもすごく頑張った!半端じゃなく頑張った!
ミッキーちゃんのママも私にはとてもできないくらい頑張った!
ミッキーちゃんは間違いなく幸せで笑顔で旅立ったと思います
こんにちは^^
ミッキー&ダック | URL | 2013-06-03-Mon 12:42 [EDIT]
記事、拝見しました^^
伝えてくれてありがとう♪

少し気持ちも落ち着き、前を向いていれる時間もあります。
そろそろ仕事も再開します。
今までダラダラしてたから、頑張らんと・・・ね^^

応援そして励まし、本当にありがとうございました。
短い時間だったけど、かーさんに会えて良かった♪
でも時々こちらにお邪魔させて下さいね^^

ビックリさせてしまってごめんね。

どうぞお体にはご自愛下さいね。
ホンマにいっぱいいっぱいありがと^^

ミッキー&ダックさんへ | URL | 2013-06-03-Mon 21:54 [EDIT]
少し落ち着くと…
結構、喪失感がドーンと襲い掛かります。
長い介護の末、いっぱい悩んできた時間ですもの

ミッキーちゃん
今はもう走りまわれる自分にびっくりしているかもね!
明るくて温かいお花畑の中で久々に見る景色にきっと
喜んでいると思います。

これからはミッキーちゃんの分もオレ様ダックちゃん(笑)を
できれば続行してほしいと願います。
私もトーマスがいなくなってClub Thomasの意味がない!
そう思うのと悲しくてブログ閉鎖も考えたけど
なんだかちんたら現在に至ってます。

ずっとお友達でいてくださいよ!
いつでも!待っています!

本当にミッキーちゃんを通じて多くの方に
きちんと考える時間をありがとう!
ミッキーちゃん…ありがとね!
超スーパー爺!
ダイちゃんも目指すぞ!(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.