Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
リロは十分リンパ腫と闘いました
リロは腫瘍を切除する手術を受け

退院して2日で亡くなりました
病名がはっきりわかって1週間です

決して手術をしたことがマイナスではありません
それだけ暴走的で攻撃力の強い癌だったということなのです


1P1290125.jpg


このリロは亡くなる17分前
まさか亡くなるなんて夢にも思っていませんでした


2aP1290121.jpg


続けて撮っていたら
やめて!
ってこうして起き上がって拒否しました


3DSC_0544.jpg


そのあと…リロに謝って

これがリロの最後の写真になってしまいました

亡くなる12分前です…。

こうしてずーっとかーさんの顔をみていたリロ
まだこの時点でも亡くなるとは思っていなかった

リロ…。しんどかったね…。

リロ…。もしかしてこの時お別れを決めてたの?

リロ…。 信じられないよ…。






今日はリロの病気のことについて話をします




まだ… 思いだすとすごく辛いし悲しいしです
でもリロが身体を張って教えてくれたこと
皆さんのお子さんにも何かの参考になれば
そう思ってお話します



リロの最後はお腹がパンパンで
おしっこがまったく出なくなりました
これは血管の中に水分が入らなくなり 
血液が流れなくなった可能性があります


その結果腎臓に血液が運ばれず
おしっこを作ることができなくなっていました

ということです

亡くなった後 リロの顔も手足も水分でブヨブヨに膨れていきました
体中が水分でいっぱいになってしまったようです

リロは新しく血液を作るところで癌化していたので
血液を作ることができなくなっていたのです

退院の日… 血小板の数値は0でした
辛かったね… 本当に辛かったよね



先日ペコを病院に連れて行ったとき
腫瘍摘出の病理組織診断書をいただき
先生に詳しく聞きました

リロのお腹の中には
直径3.5cm 長さ2cm
直径5.0cm 長さ4cm
ふたつの腫瘍があったそうです


腫瘍細胞の大きさも中型からやや大型
既に核分裂も多数観察されていました




腫瘍を取り除いてわかったこと

リロの腫瘍は水分も通さない大きさだったようです

水分が通れば流動食も通るわけですが
その流動食も通らず何か食べると嘔吐の繰り返し
手術によってその部分が切除されましたが

すでに腸のまわりには沢山の腫瘍細胞があったようです

腸と腸はしっかり着いたようでしたがすでにその周りも
腫瘍だらけだった…

わずかの時間にこんなに癌に襲われるなんて


リロの病名はリンパ腫

リンパ腫にはT細胞リンパ腫B細胞リンパ腫があります

T細胞リンパ腫は抗がん剤がまったく効かないタイプ
B細胞リンパ腫は抗がん剤が効きやすいタイプ

リロはT細胞リンパ腫でした

リロはリンパ腫の中でも最も最悪なリンパ腫
襲われてしまいました

なので抗がん剤が効かないわけで
抗がん剤治療はできなかった
ということになります

手術を決めた時点では
まだT細胞リンパ腫とはわからなかったので
術後は抗がん剤をすると決めていました
でも手術をしなかったら
抗がん剤治療をしてもまったく効力がなく
ただただ下痢と嘔吐を繰り返し辛く苦しむ姿を
見るしかなかったということです
腸の腫瘍のせいで水分も通せなかったのですから…


手術をしなかったらもっともっとリロは苦しみ
何もしてやれず見守るだけでした

手術をしたことによって何週間も口にできなかった
水が飲めて食事もお腹に入りうんちも自力で出ました
リロのお腹は癌細胞でいっぱいでしたが
それでも腫瘍を切除したことですごく楽になったはずです

なのでとーさんもかーさんも
手術を決断したことに後悔は今もありません
リロもきっと同じだと信じたいです

だって…
退院の時かーさんにしっぽを振って笑顔を見せてくれたもの


この病気に予防は難しく
早期発見できてもどうしようもないようです


先生に
リロと生活してきた中で落ち度があったわけではなく
リロ自体が持っていたなにかが動き出してしまっただけ
だと言われました…

何故この病気になってしまったのか
何が悪かったのか
とても苦しんでいたかーさんは先生の言葉に
少し救われました

リロの運命としか言いようがありません




腸の炎症とリンパ腫の境目もとっても難しいそうです
なので
たかが下痢 たかが嘔吐 で見過ごさないようにしてください

もしリンパ腫だとしたら
進行が暴走的です
気づいたときには考える時間もありません
そして年齢も若い子にも多いようです

怖いです 本当に恐ろしい病気です
憎いです 本当に憎い病気です



最後に…リロの退院は
決して先生に見捨てられたわけではありません
リロのこの病気はもうどうしようもない病気なんです
抗がん剤も効かないタイプだったのですから…

病院で毎日点滴をし注射をすれば延命はできたでしょう
でも先生は
残りわずかな時間を病院で過ごすことは
リロにとって重要でないと判断されたようです
かーさんが迎えに行った時のあの嬉しそうなリロの顔を見て
良かった!って思ってくれたそうです

本当にリロはすごく辛かったと思います
そんなリロをとーさんとかーさんはなんとか!
その思いは200%!
全力でサポートしてきました

短い犬生だったけれど最後…
かーさんはリロのそばにいられて救いでした
リロはずーっとかーさんをしっかり見ていました
かーさんの叫ぶ声も聞こえたはずです
呼吸が止まっても振り向いてくれたもんね

ごめんね…   リロ…  本当にごめんね

お腹の中の悪魔を取り出して良かったよね?
お家に帰ってこれて良かったよね?

ねっ? ねっ?

最後までよく頑張ったね
十分戦ってくれて強かったよ
リロはかーさんの誇り!

命があること 呼吸していること
心臓が動いていること
当たり前のことがとっても幸せだって教えてくれたね

リロが身体を張って教えてくれたすべてのこと
かーさんはこれからもずっと忘れずに
役にたてていくから…
応援してくれたいっぱいのお友達には
かーさんが感謝の気持ちをこれからも伝えていきます
リロはそのかーさんのお友達のわんちゃん猫ちゃんを守ってね


本当はこの日を最後にブログを辞めようかと思っていました
でもそれじゃダメなんだよね
なのでこれからも頑張って続けていこうと思います
ただランキングにとらわれるブログをやめることにします
ダイちゃんのときもリロの時も
ランキングからよりブログのお友達のお友達という
繋がりがとっても多くてそれがとっても嬉しかったです

しばらくランキングから離れます
今まで応援して下さった皆さん
本当に感謝しています 
ありがとうございました


まだClub Thomasには
オレ様純ちゃんがいます
そしてリロのすべてを引き継いだペコがいます
虹の橋組の
トーマス ダイちゃん リロのことも
また書いていきたいと思っています

今後も細々と続けていきますので
宜しくお願いします

長々と最後まで読んで頂きありがとうございました

最後に
頑張ってくれたリロを褒めてやっていただけたら…
幸いです
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

kana | URL | 2015-04-28-Tue 00:42 [EDIT]
母さん
何度も何度も読み返しました。
リロちゃん
本当に強くて優しい子
親孝行な子です。
手術して腫瘍を取り除いて
お水が飲める。排出出来て。
手術して良かった。母さん。父さんの
決断は良かったと想います。
リロちゃんも「ありがとう」と言ってます。
「わんわん」して「ご飯」「排出」「寝る」
そんな当たり前な事がどんなに大切か。。
リロちゃん…教えてくれてありがとう。
そして…この記事を書くにあたって
母さんの気持ちを考えたら。と想うと
言葉に成りません。
毎日コメントしてますが…
私の方が励まされて〜
良い言葉〜何も言えなくて…。
本当にごめんなさい。
ブログを辞める。の文字に…
言葉が無く〜
でも…続けて行く。との事。
母さんのペースでこれからも続けて
貰えたらとっても嬉しいです。
リロちゃんも喜んでいますね。
病気の事…
とっても詳しく書いて下さっていて
これから…家にも3わんず居るので
とっても為に成ります。
母さん…リロちゃんが頑張った証です。
リロちゃん…本当にありがとう。
これからもず〜っとず〜っと一緒です。



リロちゃんの癌は、恐ろしい癌だったのですね
パールどん | URL | 2015-04-28-Tue 01:25 [EDIT]
一月で其処まで悪くなるのですか!
リロちゃんも家に帰って来たかった筈ですよ。
母さんに見守られてお空へ行ったのですから
短い犬生だったけど精一杯生きたのですね。
純ちゃんとペコちゃんが居ますから母さんガンバ!
リロちゃんお空で先輩たちと遊んでますよ~♪

アトムパパ | URL | 2015-04-28-Tue 07:29 [EDIT]
リロちゃんも、母さんもつらかったですね・・・

でも、手術をして、少しでも長くお家で過ごせたんですね。
リロちゃん、安らかに・・・

ラックぱぱ | URL | 2015-04-28-Tue 07:31 [EDIT]
なんでリロちゃんがって思いながら
二度三度と読み返しました。
怖くて恐ろしくて、本当に憎い病気なのに
リロちゃんよく頑張ったよね。
最後の写真は、母さんになにか
話しかけてるようで・・・。
お家に帰って母さんに見守られて
旅立たれたのがなにか救われる思いです。

リロちゃん、本当に良く頑張って偉かったよ。
短い犬生だったけど、ありがとうねぇ~。
低分化型腺癌?
ラッキーパパ | URL | 2015-04-28-Tue 07:39 [EDIT]
リロちゃんのリンパ腫!
とても進行が速い最も悪性の癌でしたね。
ラッキーパパの友人も、未分化癌というチョ~悪性の癌で、
発見から半年でなくなりました。
低分化型、未分化型というのは、極めて悪性の癌のようですね。
ラッキーの心臓腫瘍も悪性の癌ですが、
発見から、数ヶ月の余裕がありました。
リロちゃんのリンパ腫は‥‥
手術して本当によかったと思います。
やはり、飼い主さんが考えて、選択した治療法がベストです。
退院できて、うちに帰って、母さんに見守られながら亡くなった‥‥
病気の本質が分からず、不安な日々、何も食べられない
排泄もできない辛い苦しい日々、病院での点滴の日々
それよりも、絶対に手術したほうがよかったと思います。
リロちゃんも、かあさんに感謝していると思います。
かあさん!とうさん!立派でしたよ!!
出来ることは、すべて、しましたね。
いきもののDNAは複雑で繊細なので、
何が起こるかは、予測できませんよね。
リロちゃん!
急に逝ってしまいましたが、
長期間苦しまなかった、
長期間辛い治療をしなくてよかった
ということが、救いですね。
リロちゃん!
空の上から、純ちゃんとペコちゃんを見守って下さい。
そして、かあさん!
ブログを続けて下さい。
マイペースで‥‥
純ちゃんとペコちゃんに会いたいし、
リロちゃんやダイちゃんの思い出も、まだまだ聞きたいですから‥‥
ありがとう。
pon mama | URL | 2015-04-28-Tue 07:53 [EDIT]
リロちゃん、ありがとう。
かあさん、ありがとう。

まだまだリロちゃんを助けられなかった現実が受けとめられません。
祈りが通じないなんて、神様なんていない。ってあの時本当に思ってしまった。。。
でも、何もできないワタシが神社で祈っていた間もリロちゃんとかあさん家族は、立派に癌と闘ってたんだものね。本当に頭が下がります。
それにブログも更新してくださってありがとう。すごくすごく勉強になります。

今はペコちゃんがやんちゃを取り戻して純ちゃんと仲良く、かあさん達が笑顔になるように、願うばかりです。

ISA | URL | 2015-04-28-Tue 09:03 [EDIT]
涙でぐしょぐしょになりました。胸がいっぱいです。
リロちゃん本当にがんばりました。そんなに悪い悪魔がかわいいリロちゃんをいじめていたなんて、にっくきがん細胞です!!!
かーさんと、とーさん、精一杯一番の選択をしたと思います!
リロちゃんが退院するときのあの にこにこ顔をみればわかります!
「かーさん、ぽんぽんのへんなのなくなったよ!おうちに帰ろう!お迎えにきてくれたのね!」っていってるようです。

わが子に何があっても、人間でも動物でも残されたものは自分を責めてしまうと思います。もう少しああできなかったか、こうできなかったかとか。。。でも本当にリロちゃんが教えてくれたこと、私も3ワンの親として肝に銘じて日々過ごしていきます。
リロちゃん、教えてくれてありがとう!

ランキングはいつもみんなの中で一番です!!!
ランキングがあってもなくても、かーさんに会いたくて、わんこたちにあいたくてみんなこのブログに遊びに来るんだから!
みんなに元気や学びを与えてくれる、かーさんのブログに感謝です!でも決して無理ないペースで!いつまでも応援してるし、仲良くして欲しいです!
これからも純ちゃん、ペコちゃんにあいにきます!

とーさん、かーさん、本当に大変な日々でしたよね。。。
とーさん、石、よくなりますように!お大事にしてくださいね!
管理人のみ閲覧できます
| | 2015-04-28-Tue 11:29 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

シフォン&クッキー | URL | 2015-04-28-Tue 11:48 [EDIT]
リロちゃん・・・本当によく頑張ったね。
お腹の悪魔も取り除いてもらったし
リロちゃんは最後まであきらめた目はしてなかったですね。
母様と一緒にいられて幸せだったお顔・・・
リロちゃんの優しさあふれるお顔・・・
可愛いですよね。

母様ブログは続けて下さいね。
私はコメントをたまにしか残せませんが
いつもしっかり読んでます。
応援もしてます。。。
実は私も不安がいっぱいです。。。
4ワンともシニア・・・そして病気もあり・・・

純ちゃんやペコちゃんのことももっと見ていたいです!
トーマスちゃん・ダイちゃん・リロちゃんの事
もっともっと見たいです!
これからもよろしくお願いします。。。
管理人のみ閲覧できます
| | 2015-04-28-Tue 13:57 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
| | 2015-04-28-Tue 23:24 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
| | 2015-04-29-Wed 07:17 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

kanaさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 08:29 [EDIT]
何度も読んでくれたの?ありがとう!
支離滅裂な感情のまま書いたのでおかしかったね

手術の選択が入るといつも悩みます
でも早くから辛い姿を見る方が耐えられない
なるべく楽に生活できるよう…そう思う選択です

まだ本当に信じられないことで
明るく笑って!とはいきませんが前に進みだしています
そしてお友達のわんちゃん猫ちゃんに
少しでもこんな病気があるってこと知ってほしいと思いました
いつもありがとうネ

パールどんさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 08:35 [EDIT]
こんな恐ろしい病気があるんです
祈って祈って藁にも縋る思いでしたが残念でなりません
どうしてやることがリロが少しでも楽になるか?
ただただそればかりを考えました
いつもはおっとりおとなしいリロが
こんなにも頑張った姿はこれからの私の大きなパワーです

是非、また純ちゃんペコちゃんと一緒に遊んでくださいね

アトムパパさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 08:39 [EDIT]
ありがとう!

リロは本当に苦しかったし痛かったと思います
でもこれを乗り切れば!
そう思って24時間そばで応援してきました

わが家で最期を迎えられたこと
本当に良かったです
きっとあのまま入院させていたらもっと悲しみが
深かったかもしれません

ラックぱぱさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 08:43 [EDIT]
リンパ腫の中でも一番最悪な癌
確率もそんなに多くないのになんでリロが…
せめて抗がん剤が効くほうであったら…

リロは亡くなる前夜からこうやって私から視線を離しませんでした
ずっと手を握って私もリロを見ていました
リロと私の間では心が通じていたと思っています
リロのような優しい人間にならないと…
そう思います

ラッキーパパさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 08:58 [EDIT]
私はラッキーちゃんが心臓腫瘍と聞いたとき
一番大切なところに腫瘍!そんなことあるの?…
初めて知りました
私もわんちゃんと生活して色々と学んできましたが
まだまだ知らない病気がいっぱいあります
こうして病気の詳細や症状を伝えることは辛いけれど
少しでも多くの方がたかが下痢、たかが嘔吐で
片付けないでほしいと思い書くことにしました
それは絶対リロも同じ…ラッキーちゃんも同じ
気づいたときには末期ということもあります
少しでも苦しむ時間の少ないようにしてもらいたいです
リロは急ぎましたが手術をしたことで苦しみの時間は
一番少なくて済んだ選択だったのではないかと思っています
現に腸が繋がっておしっこもうんちも出ましたからね

ブログ…
続けないといけませんね
淋しい思いをしているのは純ちゃんもペコも同じ
そんな2わんを心配して下さっている人もいて嬉しいです

pon mama さんへ | URL | 2015-04-29-Wed 09:33 [EDIT]
ありがとう! ありがとう!
こちらこそありがとうでいっぱいだよ

私も色々な病気を愛犬で経験して学んできましたが
これほど憎い病気はありません
せめて抗がん剤が効いてくれてたら…
そして抗がん剤の効かないタイプがあること…知りました
すこしでも皆さんの頭に入れて頂ければ…
そう私もそしてリロも思っています

リロは本当に痛みと苦しみに最後まで戦ったはずです
そばにいてサポートできたことだけが救いになりました
家族が選択した方法は絶対間違いじゃない!
そう思っています

リロはいなくなってしまいましたが
これからも引き続き宜しくお願いしますね

ISAちゃんへ | URL | 2015-04-29-Wed 09:43 [EDIT]
ありがとね…
退院して家に帰ったもののリロはかなり激しい痛みと
苦しさに襲われていたと思います
だからじっとしていられなかった… だから寝れなかったんだよね
一生消えることのない姿です

退院で迎えに行ったときにしっぽを振って立ち上がったリロの姿
本当に嬉しかったのだと思います
家に連れて帰れば寿命が短くなることもわかっていましたが
それでもリロがそう望んでいる!って確信しました
急変したらまた突っ走ってくればいい!そう思っていたし
亡くなる前夜はずーっとリロが私の顔を見ていっぱいお話もできました
最期の時は私の声も記憶したに違いない!
だから決してこの選択は間違っていないと思っています

あんなに元気で走り回っていたのに
あっという間に犬生を閉じてしまい信じられませんが
そんな怖い病気もあるって是非知ってほしいと…

虹の橋組の方がにぎやかになってしまいましたが
これからもゆっくりと続けていけたら…そう思っています
純ちゃんもペコも悲しみを必死に乗り越えているんだもんね

秘密コメントさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 10:06 [EDIT]
初めまして… そしてありがとうございます
最愛の子との突然のお別れ、早すぎるお別れは想像を絶しますね
秘密コメントさん…頑張ったね 偉かったです

私は弱虫なので涙を我慢することができません
我慢する方が悲しみの時間が長引いてしまいそうで
泣きたいときは人目も場所も構わず泣いてきました
やっとトーマスのことが笑って話せる
やっとダイちゃんのことで涙が減った…
そんなときにリロでしたから今回はちょっと重症かもしれません

でも私だけじゃないんですよね
今私のそばにいる純ちゃんやペコも同じ思いをしている
飼い主よりもずっと一緒にいた時間が長かったのですものね
自分だけが辛い悲しい淋しいって思ってはいけないと思いました
なのでこれからも純ちゃんとペコと家族みんなで支え合い
そしてお友達に支えられながら頑張っていきます

FB…見つけられなかったです
でももしかして?っというブログ見つけました
でも間違っていたらいけないので…
もう少しヒントください(笑)

シフォン&クッキーさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 10:16 [EDIT]
そうなんです…
亡くなる前のリロの目は力がありました
だからまさか呼吸が止まるなんて…
早朝から大声でリロと叫びまくったのでご近所も驚いたかも(笑)

すでに血小板の数値が0!
減少しているどころの話ではなかったし
すでに血液を作ることもできなくなっていましたから
いつ急変してもおかしくない状態は覚悟していました

丸2日間 呼吸が苦しそうだったし痛みも伴い寝ることも
できなかったリロだったので息を引き取ったリロの顔が
とっても楽になった顔に見えました
辛かったです でもリロが楽になったのだからと言いきかせました

ブログを続けていく心に余裕がなくなってしまって
ずっと考えていましたがそれではいけないんだよね
感謝の気持ちを込めて細々と続けていくね

いつも本当にありがとうね
励まされてばかりだね

秘密コメントさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 10:25 [EDIT]
心強いメッセージをありがとうございます
本当に憎いです! この病気!
今までも多くの病気とわが子達が闘う姿を見てきましたが
こんなに暴走的な癌があるなんて…
リロの体から私の体に移して私がやっつけてやりたかった!

色々な意見があります
今回も手術は無駄だったんじゃないかと…
あっけないね!なんて簡単に言う人もいるし
久しぶりに会う人(リロのことを知ってる)に元気だった?
なーんて言われたり…
悲しいね…
でもいいんです!理解できない人に説明したところで
時間の無駄だし最愛の子を亡くしたたばかりで元気に
過ごせるはずないことも理解できない人には距離をおきますよ

そうですよね
リロが繋いでくれた縁です
これからも頑張って続けていきますので
永遠の友達でいてくださいね

秘密コメントさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 10:41 [EDIT]
ありがとうございます
そう言って下さると吹っ切れます!
あのきれいなリロのお骨を見たときに
リロの体から悪魔が消えた! 良かった!って思いました
私は前職で動物の火葬業務もしていましたが
悪魔はなかなか燃え尽きません
そしてその証拠を家族に突き付けますから…
私達もその子が苦しんでいたところがわかります
本当に癌は憎いです

今ね
ペコが元気を取り戻してきています
やることがリロにますます似てきて
とーさんも私もびっくりしています
これからも残ったもの同士純ちゃんとペコのはちゃめちゃ
ブログを続けていきます
そして虹の橋最強トリオの話もしていきますので
これからもお付き合いしていただけたら嬉しいです

秘密コメントさんへ | URL | 2015-04-29-Wed 10:52 [EDIT]
ありがとうございます
私はねまだ寝れません
毎日リロに関係する夢を見て気が狂いそうです
でもきっとこれからは大丈夫!
これも秘密コメントさんのおかげです

手術をしたせいで早く死んだのでは?って言われました
トーマスのときもダイちゃんの時もそしてリロまでも
私もとーさんも過去があるから…だから悩みました
でも悩む時間はリロにはなかったですからね…
決して間違っていなかったと思います
たとえ旅立ちが早くなってもリロが苦しむ時間を最小限に
してあげたかったのです
穏やかに過ごせる延命ならどんなことでもするつもりでした
でも抗がん剤が効かない型だったので手術をしなかったら
リロはもっと苦しかったと思います
飼い主の選択はわが子に対する愛情のひとつ
考え方も色々なので同じ状況でも手術をしない人もいて当然ですね

虹の橋トリオはおかげさまでずっとこの家ですぐそばで
見守ってくれます
本当にありがとうございます
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.