Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
わが子の病気
今日は仕事の休みの日
でも歯医者だったかーさん
歯石とりして歯がへんな感じ
なんだか病院ばかり…



純ちゃんも病院に行ったばかりだし…

でも家族全員が健康でいなくっちゃネ!







純ちゃんへの励ましとリコへのお祝いメッセージを
ありがとうございます

なかなか皆さんのブログでコメント残せないのに
本当に嬉しいです

FBの方でも沢山いただきなかなかお返事できず
重ね重ね申し訳ないです

純ちゃんにおいてはちょっと凹みましたが
皆さんの励ましでパワー出ました!

頑張っていきます!




aIMG_1600-1.jpg


胆泥症が良くなって相変わらずの食欲旺盛

良くなって本当に良かった…

とーさんの食事は手を抜いてもわが子の食事は
手を抜きませんよ




今回、純ちゃんの心臓が少し悪化していることが
胆泥症で先生がエコーを撮ったついでにわかりました
日々、胆泥症が少しづつ良くなって
食欲が出て元気だっただけにビックリの結果でしたが
本当に早くわかって良かったです

ワンちゃんはギリギリの状態にならない限り
痛みや辛さを表面に出さないですからね
それが本能です
なので尚更、飼い主の愛情がすべて
病院がすべてですね

ワンちゃんの1年は人間の4〜5年に相当します
人間よりも病気の進行はそれだけ早い!
純ちゃんも2ヶ月毎に病院に行っていて
2ヶ月前にはどうもなかったのに…



特に内臓や骨などの見えない部分の状態を調べるために
血液検査や検便、検尿、超音波検査などは重要です
とは言え消極的な病院もあるので
飼い主が率先して受けることかもしれません
我が家は病院が積極的かも(笑)
ダイちゃんもリロもお世話になってきましたからね

血液検査だけでもワンちゃんの健康状態を
かなりの精度で調べることができますが
腎臓や泌尿器系の病気って本当に悪くならないと
血液検査には表れないそうです

心臓の病気は命に直接かかわるので
エコーや心電図などの検査も絶対必要になりますね




そう考えると…



やっぱり病院の先生次第かもしれませんね




血液検査の結果から他を疑って診てくれると
本当に早期発見できます



それから病院の先生にわが子の全てをなんでも相談できること
症状や日々の様子から疑問に思うことはじゃんじゃん聞く
我が家はいつもとーさんと夫婦攻め 先生嫌だろうなぁ(笑)
とーさんなんてそんなこと聞く?ってことまで聞きます
必要以上に心配性なんです

過去にトーマスやダイちゃんそしてリロを見てきているせいです
でもこれってすごく大事なことなんです
病院の先生は日ごろの様子はまったくわかりませんからね

そしてワンちゃんの病気の経験者や詳しい友達に
尋ねることも大事ですね
かーさんもずっとトリミング先のオーナーにまず聞いています
経験数の違いで知識はすごーく豊富です
過去に動物病院の看護師もしていましたしね
頼れる方です



純ちゃんは以前から僧帽弁閉鎖不全症と言われていました
そして今回は少し悪化してしまいましたが
まだ薬を飲む段階ではなくこの2ヶ月様子見です

先生が胆泥症に絞らず診てくれたおかげで
残念にも悪化という結果でしたが
事実を知ったことで食事や日々の生活に注意できます

ワンちゃんは人間に比べたら病気の進行が早いですが
なにかしら不審な点があり前兆というものがあります
ギリギリまで我慢させるような辛い思いをさせないためにも
普段から見逃さないようにしてあげないとね



aIMG_1584-1.jpg


今までと変わらずこうして寝ているんだけど
しんどいなのかなぁ~
って悪化していると聞いてから神経質になってしまう


もう20年以上ワンちゃんのいない生活がありません
その間…
わが子と離れて旅行なんかも行っていないんだ…
おいて行くなんて頭になくて行くなら一緒!
1日たりともわが子と離れて過ごせない
気になって気になっておいていっても楽しめないと思う
だから…
それに不満を感じたこともありません

そして龍ちゃん トーマス ダイちゃん リロを見送ってきました
辛い思いもいっぱいしてきました
そんなときブログの更新以前に辞めたいとも思いました
だって… 魂抜けちゃってしまいましたから…


現在、純ちゃん ペコ リコと過ごしてきていますが
みんな病気も様々でそれでもまだ知らない病気がいっぱいです

でもブログをしていることで友達のワンちゃんの
病気の知識もしっかり学べます
そして相談を受けたり相談もできます
とってもありがたいことです
ブログをしていて本当に良かったです

みんな同じ気持ちだものね
情報交換宜しくお願いしますね



関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ラッキーパパ | URL | 2017-06-01-Thu 07:27 [EDIT]
純ちゃんの僧帽弁閉鎖不全症!
僧帽弁閉鎖不全症は,何段階かのステージがあるそうで,
純ちゃんは,まだ,薬をのまなくていい状態!!
定期的にエコーをとって,監視ですね。
ラッキーも,心雑音はありましたが,
13歳のときから,薬(血管拡張剤)を飲むようにしました。
飲み始めると,中止できないのだそうですね。
それ以来,特に運動など制限しませんでしたが
6か月に一度のエコー検査でも
僧帽弁閉鎖不全症の進行は抑えられていました。
なので,純ちゃんの場合,まだまだ十分大丈夫ですね。

kana | URL | 2017-06-01-Thu 07:43 [EDIT]
本当にそうですね。
ブログをしてる事で
自分ではわからない事そして
気付かない事
お友達が教えてくれたりしますね。
私もまだまだ分からない事ばかり。。。
色々と教えて貰えたら~って
想います。

純ちゃん
少しでも良く成るように~
って願ってます。

ISA | URL | 2017-06-01-Thu 08:54 [EDIT]
オーナーさん、もと動物看護士さんだったんですか!!それで色々詳しいし、かーさんが全幅の信頼をおいているのですね!
私もかーさんと同じ、長い間家族にわんこがいました。いまの3人を虹の橋におくったらそのあとどうなっちゃうだろう、、、、って考えるとちょっとむむむ、、、と思ってしまう今日この頃です。

先生との信頼関係本当に大切ですよね!ご近所で小さいときから知っていてくださるホームドクターと、24時間の救急対応の病院と、二つの病院の先生方に支えられてふぁーふぁとマイキー、チャッピーは頑張っています。

かーさんのブログで私も沢山勉強させていただいています。
ありがとうございます。
みんなへのコメントは気にせずにかーさんのペースで色々なお話し聞かせていただければそれでじゅーぶん!
皆きっとそう思ってる方多いんじゃないかなあ?

モカママ | URL | 2017-06-01-Thu 09:13 [EDIT]
家族ですもの!
日頃の些細な異変に気づかないと嘘だし
病気と闘っていれば症状が変わらないとか
我が子を目の前に不審に考えることも愛情であり
納得のいく専門病院を探す飼い主さんもいっぱいいますね。
テレビで遠くから来ている飼い主さんをよく見ますが
本当に愛情が深くてその子の幸せを感じます。
人間も血液検査をすれば色々なことがわかるように動物も同じですね。
そして先生に言いづらく遠慮する飼い主さんもいますが
我が子のためには遠慮なんてしていられないですね。
ブログ周りをしていると本当に熱心に病気と闘う飼い主さんと
自称熱心だけどそれ間違ってない?と思う飼い主さんをみます。
何が原因でどんな治療をして毎日どう過ごすか今後どうするか?
そんなブログを見るととても参考になりますね。
犬は喋れないので飼い主が愛情と勘違いしていることが
ストレスだったりストレスが一番怖いです。
それすらわからない飼い主さんも見かけます。
せっかくブログをしているのですから単なる記録ではなく
アドバイスしたりされたり勉強になったら1番いいね。

純チャン最強のドクターと母さんがついているから大丈夫!
がんばれ〜!

ジョニママ | URL | 2017-06-01-Thu 09:36 [EDIT]
食欲が出てよかったですね。
食は生へつながりますから重要ですものね。
ワンちゃんのことは何。も知らないので
お役には立てません。
病気の子は落ち着いてくれますように、
そうでない子は健やかにと祈るばかりです。

★さそりちゃん★ | URL | 2017-06-01-Thu 12:30 [EDIT]
純ちゃんも具合悪いのかぁ(´;ω;`)
リロちゃんも純ちゃんも元気一杯だったイメージだから何で。。って気持ちです。
でもCLUBトーマスの皆もいるし心強いはず!
私も悪化しないよう祈ります。

サクラまま | URL | 2017-06-01-Thu 18:36 [EDIT]
私も病院の先生にいっぱい聞きます。
こちらは素人相手はプロです。
ギリギリまで我慢させるなんてかわいそうです。
どうして良くならないのか?
何を食べをさせたら良いか?
こんなことはストレスにならないのか?
原因はどこで薬はどんな薬か?
いっぱい聞きます。
痒みや痛み苦しみを我が子の代わりに病院に訴えますよ。
検査は病院が積極的にしてくれるのでどこがどう悪いか
血液検査ですぐわかりますね。
そうそう同じ体験をされた方にも色々とアドバイスもらいます。
わからないことが多いので自己判断は悪化を招く恐れがありますからね。
ダイちゃんも足の骨が折れているのに病院のレントゲンでは異常無し
おまけに伸ばしたり曲げたりされていましたよね。
あれから自分が納得するまで確かめるようになりました。
素人の間違った判断で寿命を縮めてしまう事のないようにしなくてはダメですね。
動物は痛い辛いと言えません。
だからこそ飼い主がしっかりしてあげないと!
他所様の子にはどうして転院したり検査をしないのか
そう思うことも多いです。
何が原因か?それすらもわからない飼い主も多くてかわいそうですね。

純ちゃん早くわかってラッキーだよ。
心臓は手遅れになると命に関わります。
突然ということもありますから早期発見で本当に良かったです。
日頃から筋肉つけたり栄養つけたり免疫つけることが大事ですね。
純ちゃん頑張ろうね!

シフォン&クッキー | URL | 2017-06-03-Sat 08:37 [EDIT]
わんこってほんとギリギリまで痛いようなそぶりを見せないですよね。
純ちゃんは早く胆泥症などに気が付いてよくなったので良かったです!
ジョンは熱がでたり、ご飯が食べられなかったり。。。
おかしいから病院に連れて行く…すると熱の場合熱の対処。
ご飯を食べなくても元気だったので、それはただの好き嫌い・・・
そんな感じに先生に言われたんです。。。
これはエコーを撮らないと分からない病気ですものね。。。
エコーを撮ってもらったのは今の病院が初めてでした。
早く発見できると手術など不要!!
純ちゃんは幸せです~♪
心臓はなかなかお薬で良くなるものでもないし。。。
でも、早い発見で気を付けてあげることはできますものね!
私も病院に行ったら心音を聞いた後に必ず「大丈夫ですか?}
って尋ねます(笑)
ブログってほんと良いですよね。
レオがリンパ腫になった時、リロちゃんの事が一番に頭をよぎって。。。
記事を読み返させてもらいました。
リロちゃんとレオのリンパ腫の種類が違ったけれど
とても勉強になります!!
わんこ達に日々癒されて、心配させられて、笑わされて(笑)
とても楽しい人生にしてもらってるな。。と思いますよね♪



ハッピー | URL | 2017-06-03-Sat 11:19 [EDIT]
ペットの病気は動物病院でないとわかりません。
治療法も病院と相談しながらしないとなりません。
それでも不信感を持っていれば病院を変えてほしいです。
症状が改善されているのであればまだしも
痛いよ、苦しいよ、辛いよ、痒いよ、食欲ないよそんなふうに言えずに
じっと我慢させそれを良い子だと勘違いしている人間もいます。
疑って自分が納得できる原因と治療が病気の子への愛情です。
純君のようにいくつか病気があればどこを優先にするか
それは先生が決めることで血液検査、エコーは常にされるのが正解です。
飼い主が良いと思うことが反対に悪化させてしまう事も多く
余計辛い思いをさせているのに気づかないのです。
病気の老犬を連れ回したり痛みがあるのに歩かせたり
病気によっては控える食材もあるのに食の改善もしない
ストレスを作ってそれが一番の原因です。
ストレスは死に至ること知ってほしいです。

大和 | URL | 2017-06-04-Sun 00:23 [EDIT]
病気が確定すれば定期的に血液検査やエコー検査をして
薬の量を変更していきます。
良くなっていてもしばらくは様子見で通院は続くことがほとんどです。
命に関わる病気では病院も慎重になってくれますよね。
病気も無く元気でいた子が突然という場合も原因は必ずあります。
何が原因で辛いのかもしくは亡くなったのか不明はありえません。
しかしペットは飼い主次第です。
無駄な治療をしない飼い主も多いので周りで心配してもどうしようもないです。
通院しているから安心と思っている飼い主もいます。
要は飼い主が病名も亡くなった原因もわからなくても問題としないだけです。
それがどうなのかも人それぞれでしょうね。
間違った治療している子も見かけますが飼い主が良いと思っているだけに
何も言えないことも多いですね。


ラッキーパパさんへ | URL | 2017-06-04-Sun 19:31 [EDIT]
ラッキーちゃんもそうでしたね
あの頃はそんな病気も覚悟しておかないと
そう思いながら読んでいました

血管拡張剤って飲み始めたらやめられないの?
そうなんですね…
純ちゃんは今、心臓を保護するようなタウリンを飲んでいます
どちらにしても心臓は大事な臓器
薬を一生飲んでも進行が遅くなるなら良しとします

年齢的に10歳を超えてくると身体もどんどん加齢による
症状がでてくると思うので早期発見これにつきますね
また色々と教えてくださいね

kanaさんへ | URL | 2017-06-04-Sun 19:40 [EDIT]
ブログって本当にありがたいですよね
良いこと悪いこと愛情あればこそ教えてくださいますね
こんなサプリがいい!これ食べさせて!
これ読んで!と本当に今まで助けられています
ひとりでは知識も狭いけれど経験者は支えですね

間違ったことをして寿命を縮めてしまって後悔したくないので
教えていただくことに素直に耳を傾けるって大切だね

自分の子だけでなく友達のわんちゃんにも役に立つかもしれない
なので病気のこと教えて下さるブログは真剣に読んでいますよ(笑)

純ちゃんも悪化しないように色々生活に気をつけて
食事もきちんと勉強しようと思っています
素人にできることは食事や運動しかないので
あとは良いサプリを調べてみます

お友達の多いkanaさん 良い情報があったら教えてくださいね


ISAちゃんへ | URL | 2017-06-04-Sun 19:54 [EDIT]
そうなんですよ~
元々は動物病院の看護師さんだったオーナーさん
なのでとっても詳しいし 病院もいっぱい知っています
なにかあったらいつも相談しています

ISAちゃんとは初期の頃からの友達
その間だけでも10年
その前からわんちゃんがいるんだね~

病院選びって本当に大切です
私もトーマスの頃からの病院しか知らなかったし
信頼して浮気もしたことがなかったのだけど
ダイちゃんのときに大きな不信感を抱いてしまって…
ここではダイちゃんが治らない!
そうすぐ思っちゃって
今は遠いけれどダイちゃんとリロの命を少しでも
長くつなげて下さった先生を一番に考えています
あっ! 近場の病院もやっと落ち着けそうです
(土曜日行って来ました)

私も多くの人のブログで勉強しています
すごくありがたいよね
知らないより知っていた方がいいしね
こんな症状になったらこうするとか
こんな薬を飲むんだとか本当に参考になります
その反対もあるけrどね
どうして放置しとくのかなぁ~ 病院変えてみたらいいのに
って思うこともあるけれどそれはその方の考えだしね
でもほとんどの飼い主さんが必死に一緒に病気と闘っているね
それは…病気と闘っている子の改善されている姿でわかる!

コメントの返事がなかなか… ごめんなさいね
昔のように身体が動かない(笑)
歳やね~ いつもありがとね

モカママさんへ | URL | 2017-06-04-Sun 20:25 [EDIT]
いつもとちょっと違うなぁ~って思う事ありますね
我が家は私よりとーさんの観察が凄いです
これはリロの異変にいち早く気づいた経験のようです
リロから学んだと言っています

血液検査は簡単に症状が早くわかりますね
どの数値が高いか低いかで病院では何が原因かも
少し狭めて次の検査にいってくれますね

ストレスは人間でも怖いですよね
人間ならなにがストレスになっているか自分でわかるけど
動物は飼い主に教えられませんからね

服が嫌いなのに着せられる
毛をくくられるのが嫌なのにくくられる
家でじっとしていたいのに連れまわされる

何かの番組で犬のきもちのわかる人が
飼い主に伝えていました
こういったことも大きなストレスとなって病気を悪化させますね
血液検査でもストレスってある程度わかるそうです

純ちゃんも早めにわかって本当によかったです
先生が疑って診てくれたおかげです
まだ心配するほどではないけれど知ったことで
飼い主ができることもありますからネ

ジョニママさんへ | URL | 2017-06-04-Sun 20:31 [EDIT]
食欲はかなり前からでていたのですが
要は食べたものがちゃんと栄養になっているかだそうです
食事は人間もそうですが本当に基本であり大事ですね
病気によってはあまり多く摂ってはならない食材もあるので
それだけでも注意できますからね
また、水分を多めに摂った方が良い場合もあります
簡単なことなのでまずは食の改善ですね

私も反対に猫ちゃんのことはわかりませんが
仲のよい友達が捨て猫を大切に育てています
なのでジョニ子さんの話…よくしますよ~(笑)

さそりちゃんへ | URL | 2017-06-04-Sun 20:41 [EDIT]
純ちゃんはまだどちらの病気も軽症なんです
でもこれに気づかないで過ごしていたらきっと
重症になってから気づいていたような気がします

リロは…
本当に急でした…
走らなくなったなぁ~って気づいた矢先でした
リンパ腫なので進行も早くリンパ腫のなかでも
最悪の種類でした
あんなに良い子が何故?って思うばかりです
出来るだけのことはしてあげたので辛いことだけど
後悔はありませんよ

純ちゃんもダイちゃんやリロがお空から守ってくれていると思います
あとは飼い主の愛情菖蒲!(笑)
頑張りますよ~
ありがとね!

サクラままさんへ | URL | 2017-06-04-Sun 20:52 [EDIT]
病院の先生に聞きますよね?
私もいっぱい聞きます
たまに笑われることもあります
でもわからないこと、心配なことは全部聞いてきます

ダイちゃんの足の件はビックリしましたね
骨折しているのに足をマッサージされて悲鳴もあげず
あの時ばかりはダイちゃんに申し訳なかった
痛かっただろうし へんな病院に連れて行ってしまって
本当にダイちゃんに悪かったと反省しています
先生によってレントゲン一枚も撮る角度や場所が違います
しかし慣れていない先生は教科書通りらしいです

飼い主が良かれと思ってしていること
でも間違っていることもありますからね
動物の事は動物の専門医の指示じゃないとダメだよね
病院に行っているわりになんだか辛そうってわんちゃんいますね
でも飼い主さんも愛情はあるように書かれているので
何も言いません それに言えないオーラもあるし
ただただかわいそうだなって思います

心臓は軽症とは言え怖いですよね
心不全って突然ですからね
トーマスで経験しているので純ちゃんには真剣です
トーマスのためにも純ちゃんのためにも進行を防がなくっちゃ
そう思っています

シフォン&クッキーさんへ | URL | 2017-06-04-Sun 21:07 [EDIT]
ギリギリまで我慢するのですよね
外敵から弱みをみせないできた先祖代々の本能ですよね

先生によって見解の違いはありますね
まずは血液検査そしてその結果によってエコー
純ちゃんは尿検査もされたことあります
先生だって検査をしないことには原因がわからないですよね
飼い主の気持になってくれる先生がいいね
大したことないと言われて喜んで大変なことになった子も沢山います

心臓はちょっと怖いです
突然って可能性も多いにありますからね
でも早くわかればそれなりの注意もしていくし
手術などの大事にならずすむ可能性もあるので
頑張ります! またまた食事改善かな(笑)

私もレオくんがリンパ腫って聞いて珍しい病気ではないと思いました
リロの最悪なリンパ腫と違って本当に良かったよね
ほっとして涙が出そうになったことを思いだすわ
リロは進行も早かったし病気がわかってあっという間
でもそれがリロのリンパ腫
病院の先生に
『この病気は誰が悪いってない病気です 』
そう言われて気持ちが少し軽くなりました
そしてリロの運命だったのだと思うのでした

私もシフォン&クッキーさんの闘病のブログはいつも
そうなんだ!そうなのね!って頭にいれながら読んでいます
ブログは楽しい方が良いけれど検査結果等詳しく書いて下さると
すごーく勉強になります
病気になると大変だけれどいままでずっとそばで支えてくれた子だもの
愛犬の病気は一緒に闘わないとね! 頑張ろうね!

ハッピーさんへ | URL | 2017-06-04-Sun 22:07 [EDIT]
今はネットによって症状から疑う病気もわかったりしますが
やっぱり最終は病院の決定ですね
治療法は独断では決していけませんね
ワンちゃんは決して辛いと言いません
ただただじっとして痛みを耐えていることが多いと聞きます
それが良い子なのか?飼い主がそれで満足かは考え方のちがいでしょうね

私はダイちゃんの時に血液検査もせず一日様子を見てくださいと
帰されたときにもうこの病院には二度と行かない!と決めました
例え無駄であっても血液検査はしてほしい!
するのが当然だと思って連れて行ったし…
目の前で愛するわが子が苦しんでいるのに
何の検査もしないなんて… 信じられませんでした
それ以来、病院にとても神経質になっています(笑)

ストレス…
わからない症状だけに怖いですね
突然ってことはないと思いますが
ストレスが長い期間続いていたら
飼い主の気づかない突然という結果になるのでしょう
ストレスも血液検査である程度わかりますね

純ちゃんもまだまだ続くのか聞く予定でしたが
数値が良くなってもしばらく様子見が必要なのですよね

大和さんへ | URL | 2017-06-04-Sun 22:20 [EDIT]
病院の立場としては良くなってきたから
薬をすぐやめるわけにいかないようで
少しずつ減らして様子を見るようです
そのたびに血液検査やエコーなどは必須ですね

通院していると次の検査までに良くなっているよう
症状も改善されるようにとひたすら思います
それなりに常に気をつけているので悪化していると
とてもショックです
だから尚更、次は良くなっているようと頑張れますけどね
良くなっていると反対に気が緩んでしまうかもしれません

病院に行っていたら病院の指示に従います
間違った治療をしていることはあり得ないことですが
少なくても動物の事は人間の医師にはわかりませんよね
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.