Club Thomas
3ワンズとファミリーの毎日
トーマス! 純ちゃん頑張ってるよ!
6月2日は1代目リーダートーマスの

虹の橋8年目の日でした

早いね…

あっという間の8年

もう立派な天使になっていることでしょうネ

想像すると嬉しいよ



1aIMG_1620a-1.jpg


トーマスは腫瘍切除の手術した当日に亡くなりました

今、考えると…

手術後、入院することなく家に帰されました

ちょっと信じられません

血管周皮腫の腫瘍切除の手術です

普通24時間は何かあったらと一泊するよね

家に帰って2時間後突然呼吸が止まりました

呼吸は止まりましたが名前を叫びながら

夜間救急に走りましたが心不全という結果に終わりました

心臓が充分な働きを出来なくなってしまった…  

そういわれました

入院していても同じだったのか?

入院していたら助かったのか?

よくわかりませんが

自分の未熟さを知りました

だから本気で色々猛勉強しました

トーマスの死を無駄にしないためにも…

わが子だけのためでなく周りのワンちゃん達のためにも…

そのために今日まで頑張ってブログを続けています


とりあえず

かーさん自身の体調が悪くなった時が

きっと閉鎖だと思います


2aIMG_1622a-1.jpg


今はトーマスの元にダイちゃんもリロも

そして龍ちゃんも美美ちゃんも一緒にいるんだろうなぁ

楽しくいつも笑顔で走り回っているんだろうね

だから…

かーさんも空を見上げて笑顔を返すようにしています

虹の橋組にはいつも笑顔!

君たちの笑顔が好きだったように

君たちもかーさんの笑顔がいいよね



1995年からトーマスと暮らしてきた時間は

かけがえのない時間です

そしてその思い出はかーさんの宝物



多頭飼いをしていると1匹が亡くなっても

まだそばにいる子がいるから悲しみも違うみたいな

そんなひどいことを言う人がいますが

どの子もオンリーワンです

愛犬とのお別れはみんな同じなんです

ただ…

そばにいる子がいるから悲しんでばかりいられない

だけなんです

強くなんてないんです

いつでもポキッと折れそうなのに…



前を向いて前に進む…

それが亡くなった子への一番の供養だと思っています

悲しみはみんな同じです

辛さもみんな同じです

現実からは逃げられないし受け入れなければ

前に進めませんね

そうやっていっぱい泣いて今日があります


3aIMG_1621a-1.jpg


亡き愛犬を埋める一番の場所は飼い主のハートの中だ

って言葉があります

その通りですよね



1代目リーダーのトーマスを知っている最後の子が

純ちゃんだけになってしまいました

君はリーダーになるのは10年早い!

って言ってきたのに今やリーダー


トーマス! ダイちゃん! リロ!

見てる?

純ちゃんは頑張ってるよ!

見守ってな!


4aIMG_2529-1.jpg


純ちゃんずっと病気と縁がなかったのに

昨年から胆泥症になってそれがやっと良くなって

今は 僧帽弁閉鎖不全症が少し悪化

この病気は疲れやすくなるという症状があって

老化と症状が似ているため心臓病と思わず見過ごしてしまいがち

定期的な健診で早くわかって本当に良かった



先日、シニア犬のドックマッサージの資格を持っている

トリミング先のオーナーにドックマッサージについて尋ねました

心臓病の子はマッサージNGと言われました

血行がよくなって良いのかと思っていました

反対だそうです!

撫でる程度、手足の先をさする程度で良いそうです

聞いてよかった

病気中や妊娠中、怪我をしているとか通常と違う状態にある場合

あまり触られたくない状態であることもあるし

マッサージによって症状が悪化することもあるそうです

年齢による違いもあって

シニアには特に慎重にならないといけないそうです

気持ち良いマッサージが実は逆効果だったりするそうです

犬の筋肉と骨格を学び理解した上で

ドックマッサージの資格があります

ワンちゃんのことはワンちゃんの専門の知識のある人に

聞いて間違いのないようにしなくっちゃね


純ちゃんにはかーさんが優しく撫でてあげますよ





トーマス…

いつもあなたの笑顔を見ているよ

だからかーさん頑張れる

そっちにいるダイちゃんとリロを昔のように

頼んだよ

トーマス…

本当にありがとね

関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ラッキーパパ | URL | 2017-06-07-Wed 07:33 [EDIT]
トーマスちゃんの命日ですか‥‥
8年!
うちのラッキーは,もうすぐ4年になります。
長いようで,短いようで‥‥
うちは,なかなかいいご縁に恵まれません‥‥
ClubThomasは,純ちゃんがリーダーに!!
ラッキーパパは,リーダーがダイちゃんのころから,
ここに来るようになりました。
いろいろなことがありましたね。
純ちゃん!
僧帽弁閉鎖不全症!
一病息災をめざしましょう!(笑)
うちのラッキーも,僧帽弁閉鎖不全症でしたが,
ほとんど進行しませんでしたから!!
トーマスちゃん!!
空の上から,しっかり,見守ってくださいね。

ISA | URL | 2017-06-07-Wed 08:56 [EDIT]
心臓病にはマッサージはNG!とってもありがたい情報です。血行がわるくなるかなと背中を背骨に沿って弱めにマッサージしてあげるのも駄目だったんですね!やさしくさする程度にしておきます。いつも重要な情報を共有してくださってありがとうございます。

多頭飼いで一人が旅立っても、、、、のくだり、 まだいるから寂しくないとかいう問題じゃないですよね。人間も、残されたわんこも同じように悲しいのです。。。。
かーさんに同感です!

純ちゃんだけかあ、トーマスお姉ちゃんと直接あったことがあるのは、、、、でもきっといつも交信しているはず!
虹の橋組8年生の上級生としてふぁーふぁのことも指導してくれてるかな?
先住犬のポメラニアンのちゃみーともあってるかな?

ちぃ | URL | 2017-06-07-Wed 10:36 [EDIT]
トーマスちゃんは虹の橋でもリーダー頑張ってるよね。

知識のない勝手な判断は命取りです。
知識のある人の意見はきちんと耳を傾けます。
専門家である獣医でも皆さんセカンドオピニオンしていますよね。

それと多頭飼いしてまだ他の子がいるからとかって考え
間違っています!
みんなの中にその子の姿がないのは辛いです。
喪失感、悲しみ、苦しみは同じだと思います。
自分の気持ち優先にできない方が苦しい時もありますよね。
喪失感の中、他の子のお世話もあるし家事もしなくてはならない
仕事だって休めず笑顔で仕事しなくてはならない。
甘えていられない状況の人はいっぱいいると思いますよ。
酷いこと言う人いるのね。
残念。

ジョニママ | URL | 2017-06-07-Wed 12:07 [EDIT]
トーマスちゃん、美形ですね。
過去記事いくつか見させていただきました。
綺麗なわんちゃんですね。

きっと空の上から皆さんを見守ってくださっている
ことでしょう。

シフォン&クッキー | URL | 2017-06-07-Wed 15:14 [EDIT]
トーマスちゃん・・・虹の橋8年なのですね。
手術をしてすぐに家に帰る???
こちらは素人だからよくわからないですよね。
そうそう、多頭飼いしていると1ワンいなくなっても。。。ぐらいに
言われたことがあります。
1ワン1ワンの心があること、考えも好きなことも違う事。。。
勿論顔も性格も違う事を知らない人ですよね。。。

純ちゃんは立派なリーダーになってますね♪
俺様がほんと似合う♪
胆泥症は良くなってきて良かったです!
僧帽弁閉鎖不全症が気になるところですが
ほんと早い検診でわかって気を付けられることは気を付けますものね。
え?!ドッグマッサージってなんにでも良いわけじゃないのですね。
ほんとワンちゃんの専門の知識がある人に聞かないと
何でもは怖いですね。

トーマスちゃんがみんなを見守ってくれてる♪
きっと優しい母様や父様の事も見守ってくれてる気がしますね♪

前のブログのコメントのお返事の中で
リロちゃんのリンパ腫で先生が言われた
「この病気は誰が悪いってない」・・・その言葉
私も救われたような気持ちです。
ありがとうございます。

サクラまま | URL | 2017-06-07-Wed 21:04 [EDIT]
トーマスちゃん優しい顔していますね。
手術して不要な物が無くなって綺麗な身体で
旅立てた事を父さんや母さんに感謝していますよ。

1ワンちゃんだって多頭飼いで他にいたって
その子の代わりになる子なんていません。
みんな大切な子なので悲しみに差はありません。
気持ちのわからない人がいること残念ですね。

多頭飼いしていてもみんな同じ病気になるとは限らないもの
ブログ周りをして病気に対しての詳細を書いて下さると
真剣になって読みます。明日は我が身と思っています。
いい加減な素人判断、いい加減な治療は怖いですね。
いくら我が家のやり方であっても間違ったやり方はワンちゃんが気の毒。
そう思います。

kana | URL | 2017-06-07-Wed 22:04 [EDIT]
トーマスちゃんが旅経って8年。
家もハッピーが旅経って9月で5年。
昨日の事の様です。
本当〜
みんな家族ですもん。
みんな同じ様に悲しいですよね。
アニーもアンもエリーも
玄関で音がする度に〜
わんわん〜
帰って来たよ〜って
玄関まで走って行ってました。

純ちゃん
とっても頑張ってる〜
そんな姿を〜トーマスちゃん
ダイちゃん〜リロちゃん
見守ってると想いますv-345

今日はアンのお祝いコメント
ありがとうございます。
みんな元気で過ごせる様に〜って
想います。

ラックぱぱ | URL | 2017-06-08-Thu 07:27 [EDIT]
あの時のトーマスちゃんのことは覚えてるけど
あれからもう8年になられるんですね。
いまは純ちゃんがちゃ~んとリーダーしてるけど
トーマスちゃんは虹の橋組さんのリーダーをしてるのかなぁ!?

今回もマッサージのことで良いお話しを聞かせていただきました。
一時僧帽弁閉鎖不全症と言われたシニアのラックも
お散歩ではよく歩くので時々マッサージをしてたけど
NGだってことを知り、また一つ勉強になりました。

モカママ | URL | 2017-06-08-Thu 23:59 [EDIT]
トーマスちゃん、龍ちゃん、ダイちゃん、リロちゃん
どの子も同じように大切な大切な子達をわずか10年程で見送ってきて
深い悲しみを何度も乗り越え立派です。
人は他人の子が亡くなった時といざ我が子が亡くなった時と
言動が違いますね。
それが当然だとは思うけれどやっぱり現実は受け止めないとダメ
後ろ向きな考えでなく素直に
前を向いてブログも更新してくれて読者にはとてもありがたい事です。
虹の橋組さん達もきっと自慢のかーさんですよ。
だからしっかり虹の橋見守り隊はかーさん達を見守ってくれていますね。

頑張っている姿は素敵です。
ペットは物ではありません。
その気持ちと責任が伝わります。

ラッキーパパさんへ | URL | 2017-06-11-Sun 15:40 [EDIT]
あれから8年…
そのあとにダイちゃんとリロが続いたので
改めて思うとあっという間かもしれません…
トーマスとダイちゃんがいなければ
ブログもしていなかったと思います
本当にいろいろなことがありすぎた8年でした

心臓の病気はかかってしまうと完治は難しいそうで
いかに進行しないようにするかだそうですね
進行しないってことはきちんと維持できているということ
なので純ちゃんも悪化しないようにさせたいと思います

トーマスが知る最後のClub Thomasの子が純ちゃん
最強のトーマス ダイちゃん リロにしっかり守ってもらっている
そんな気がします

ISAちゃんへ | URL | 2017-06-11-Sun 15:48 [EDIT]
素人が良いと思ってしていることが反対に悪影響では
かわいそうですね
動物病院の先生よりドックマッサージの専門家に
聞いてみる方が安心ですね
老犬や心臓病の子は特に多くの注意が必要みたいですよ

私も過去に多頭飼いの中、見送ってきましたが
他の子がいるから… それで悲しみが癒されることはありませんでした
同じだよね… どうして安易にそういった発言するのでしょうね

トーマス8年生!
きっと立派な優しい天使に成長してるような気がする(笑)
虹の橋ではみーんな仲良しですものね
ふぁーふぁのことは飼い主同士が仲良しだから
トーマスとダイちゃんリロがそろってそばにいてくれてるよ
安心してね
そしていつもどんなときもちゃみーちゃんが一緒にいるね

ちぃさんへ | URL | 2017-06-11-Sun 16:00 [EDIT]
素人の勝手な判断は怖いし何よりもわんちゃんにとって
苦痛かもしれません
色々自身で調べたり聞いたり…専門家に聞く! 
そんな第一段階としてブログをしていると多くの情報が交換できて
本当に助かります
経験者も多いし自分以上に知識を持った飼い主さんもいっぱいいますからね
FBだと獣医さんや看護師さんもいたりして助かります

私もトーマスを見送った時 ダイちゃんを見送った時
そしてリロを見送った時みんな同じように辛かった
見送る状況だってみんな違うから…
仕事になんてならなかったけど休めなくて
帰宅した時に仕事中にがまんしていた感情が
一気に出て辛かったです
多頭かいでまだそばにいたって 一匹飼いだって
みんなみんな同じ!

トーマスは虹の橋のClub Thomasのリーダー
こっちのリーダー純ちゃんにきっと指導してくれているよね

ジョニママさんへ | URL | 2017-06-11-Sun 16:11 [EDIT]
トーマスは息子たちが気にいってしまい家族になりました
里親なので正式な誕生日はわかりません
でもあきらかに生後3ヶ月前後でした
お腹に虫もいて大変なわがやの1代目でした
なので雑種というだけで親犬もわかりませんが
本当に心優しいモコモコの可愛い子でしたよ
突然我が家に迎えたので必死に勉強しましたが
それでも知識足らずで辛い思いをさせてしまったかもしれません
トーマスのおかげで学んだことはいっぱいあります

龍ちゃんがきてもダイちゃんがきても
リロがきても純ちゃんがきても
穏やかに受け入れてくれてトーマスのおかげで
里親としてむかえたダイちゃんたちですが
本当の里親はトーマスでしたね

いつもいつもトーマススマイルが浮かびます
どんなときも笑顔のこでしたから…

シフォン&クッキー さんへ | URL | 2017-06-11-Sun 16:24 [EDIT]
トーマスが最後に手術した半年前にも手術したのですが
途中で不整脈が出て手術を中断したのです
その後定期的に検査するわけでもなく手術になりました
もちろん元気だったので心配はしていませんでしたが
今、思うとね… 不整脈出ていたのだからって思ってしまいます
知識がないってこういうことなんだって猛反省しました

純ちゃん家族になった時からオレ様!(笑)
いつもダイちゃんに怒られてリロに甘えていました(笑)

元気な子へのマッサージは筋肉をほぐしたり安心したりと
良いようですがやっぱり病気の子には慎重ですね
特にキズがあったり皮膚の弱い子、心臓病の子や
寝ている姿の多いシニアには
マッサージというより飼い主がやさしく撫でる程度でいいのかも
飼い主の愛情を手の温もりで優しく伝えるだけでいいのかもしれません
ドックマッサージも資格が必要です
きちんと勉強して資格をとった専門家ですからね

リロは突然、症状がでてあっとういうまに進行して
あっという間に旅立ってしまって
ダイちゃんの悲しみからまだ立ち直れていない私にとって
あの先生の言葉ですごーく救われました
あまりになにもかも早かったので先生が慰めてくれたのだと思います
どうしても飼い主は後悔してしまいますからね

サクラままさんへ | URL | 2017-06-11-Sun 16:38 [EDIT]
トーマスも一瞬でした…
家に帰ってきてダイちゃんやリロ、純ちゃんと鼻を合わせて
確認し家のすべてをウロウロして休ませた直後でした
数時間前に大きな手術をしているのに無理させて
しまったのだと思っています
年齢的なことを考えて手術も慎重に考えての結論でしたが
どんどん大きくなる腫瘍を見ていると辛かったです
放置していたら痛みもひどくなりもっと見ているのが辛くなる
そう病院からも言われていましたので

トーマスが亡くなったときもダイちゃんが亡くなったときも
リロが亡くなったときもそして龍ちゃんが亡くなったときも
どの子もみんな同じだけ悲しかったです
飼い主に悲しみや淋しさの差はないと私は思います

専門家が勉強しています
専門家に頼るのが一番ですがこうしてブログ等で
情報交換できる時代です それも参考になりますね

kanaさんへ | URL | 2017-06-11-Sun 16:49 [EDIT]
本当に…昨日のことのように思いますね
トーマスも龍ちゃんも
ダイちゃんもリロもみんな同じような思いです

淋しいのは飼い主だけでない
残った子もみんな同じ
ただ動物はお別れをしっかり受け止め引きずらない子が多いようです
ただそのあと淋しそうにしているのは
飼い主の気持がわかるからだそうです

今の純ちゃんを虹の橋組はわらっているような気がしますよ
みんながいる頃は末っ子で強がっているだけの
純ちゃんでしたからね(笑)
その純ちゃんが今は大きな妹たちの先頭に立っているので
きっと見守ってくれていますね

いつまでも元気で…
本当にそれだけでいいね!
それが一番の望みだよね

ラックぱぱさんへ | URL | 2017-06-11-Sun 16:58 [EDIT]
ラックぱぱとはお付き合いが長いね~
我が家の全てを知っていますね(笑)
私もシッポの長いヨーキーちゃん
可愛いラックちゃんに釘付けでしたから~

ドックマッサージはシニアの子や心臓病や皮膚病の子には
特に慎重にならないとって聞いています
マッサージというより撫でる程度で十分みたいです
他人ではなく飼い主の手の温もりで優しく撫でてあげる方が
効果があるようですよ
人任せで無く飼い主の手の温もりと飼い主の呼吸
そして声掛けが一番ですね
きちんと資格のある専門家に指導してもらう方が良いですね
病気にもよると思います
ツボもあるでしょうから間違っていたら逆効果だと思います

モカママさんへ | URL | 2017-06-11-Sun 17:05 [EDIT]
今、思うとどの子も本当に深い悲しみのお別れでした
よく乗り越えて今があるなぁ~
でも現実を受け止めたら前に進まないといけない
そう思います だって何をしても過去に戻れませんからね
決して強いわけではなく亡くなった子とそして今側にいる子に
そんなふうに指導されているのかもしれません

笑顔の虹の橋組の写真を見ると泣いていないで
笑顔でいないと!ってそう思うのです
みんな何度も辛い闘病をしてきていますが
それでも笑顔だったもの!
笑顔でいることを教えられた気がします

亡くなったあとも家族!
姿はなくても心の中にいる家族
家族はみんな同じ愛情です(笑)
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.