FC2ブログ
Club Thomas
虹の橋組と2ワンズとファミリーの毎日
普通にできることが…
                    朝の散歩 

    純ちゃ~ん 今日はしつけ教室行くから帰るよ~  
     
         今日はしつけ教室2回目の受講日  

           本日はこのように読んだら足元にこさす授業です!

    

      純ちゃん昨日はトリミング…。  今日もかーさんと一緒におでかけですよ。     

    2IMG_4810.jpg

          今日は純ちゃんだけ。  さぁ~出発しますよぉ~  

    3IMG_4816.jpg

     純ちゃん…呼ぶとちゃんと来るんです。でも絶対50㌢程距離があるんです。

    これでは意味がありません。抱っこは好きだけれどそれまでの工程が苦手な為、
    いつも必ずあとちょっとの距離を作りいつでも逃げれるように既に学習してます。

                       そうですよね!

            これでは大変危険です。いざという時捕まりません!

              そこで… 呼んだら必ず足元に来る練習です。

   純ちゃんの一番嬉しいことで呼び寄せます。だいたいがおやつで練習のようですが 
   純ちゃん普段からあまりおやつは食べません。公園でよく頂いていますがどこかへ
   運んでいくだけで食べることは少ないのです。そうなると?どうしよう?ってことで…

   オモチャにもまだそれ程興味がなくて…。何が一番喜ぶか?嬉しいか?悩む…。
   しつけ教室に行くようになってから撫でられる嬉しさがわかったようでそれで挑戦!

   ・この練習は必ずリードをつけてします。   
   ・必ず呼ぶときは純ちゃんと同じ高さで呼びます。
   ・1歩前進したら誉める! 2歩前進したらもっと誉める!
   ・かーさんが手を伸ばさなくていい距離まできたら誉めて撫で回す。
   ・その際、純ちゃんの頭の上から手を出さず必ず首の方から耳下へ。
   ・撫でるかーさんの手は急いで出さずゆ~っくり、ゆっくり出すこと。

    何度か練習していると…  来る!  来る!  来たぁ~  
   
   もちろんまだまだ50㌢の距離からゆっくり…ゆっくりですが確実に足元まで来たよ

             素晴らしい~ 純ちゃん 

   いつ! どんな時も! 必ず呼んだら足元に来るようにしないといけません!     

    さぁ~。今回はこれをマスターするように練習の毎日です。 頑張らなくっちゃね。

    4IMG_4814.jpg

        帰りの車では… 今日は流石に疲れて爆睡状態の純ちゃんでした。    

    5IMG_4821.jpg

    純ちゃ~ん 家に着いたよ~。 きっと!みんなが玄関までお出迎えしてるよ。

    この時もドアの所まで来さすために… 純ちゃんに高さを合わせてみました。    
    ちゃんと来たのよね~。普通はどこの子も当たり前に出来ることなのでしょうが
    純ちゃんは抱かれる工程の足が地から離れるときの恐怖心を持っているので
    呼ばれると抱かれる = 恐い! と思い込んでいたので問題だったのです。

    6IMG_4828.jpg

    家では… こうしてリードを短く切って練習します。これ今は亡き龍ちゃんが
    使っていたリードです。 きっと龍ちゃんもお空の上で応援してくれてるよネ。

                           

           (純ちゃん… この距離を縮めるように日々練習です)

    リロもダイちゃんも…当然トーマスも…こんなことしつけや練習だとしなくても
    できました。 皆さんのお子達も当然そうだと思いますが… そんなことが
    出来ない純ちゃん…そしてかーさんには大きな問題なのです。わかってネ。

    でも純ちゃんのように近くまで来るけれど足元に止まれる子って少ないかも?

    7IMG_4837.jpg

         そしてこの短いリードは他のしつけにも役にたっています!   
       
                   それはまた後日お話しますね~。

             にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ             
                ポチッ                  ぽちっ

          純ちゃん…より一層かーさんの顔をよく見ることが多くなりました。
          そして…撫でてもらうのが大好きになりました。  順調です!
          かーさんとの信頼関係が深まっているような気がすごくします。

    8IMG_4311.jpg


                      嬉しい~っ    
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
おはようございます!
えこりん♪ | URL | 2009-03-19-Thu 08:03 [EDIT]
すごいですね~純ちゃんも母さんも(●´∀)b
しつけが上手くいくと楽しいですし
いざというときの宝にもなりますものね。
来夢も呼び戻しはいまいち。
チャッピーは結構頑張ってしつけしたのですが
来夢はとってもいい加減なので。。
でも最近ようやくカフェで静かにできるようになってきました*^^*
私も純ちゃん見ながら振り返って頑張ります(^^;)

チロッパ | URL | 2009-03-19-Thu 11:36 [EDIT]
トリミング、お疲れ様でした
フワフワで可愛いですね チロそっくり!
アクビの顔、良いですね (・m・ )クスッ
チロも50cm位離れていて、抱こうとしても捕まえられません
自分が抱かれたい時は、ピッタリよってきます
しつけ教室の成果を、期待しています
絶対にUPして下さいね

ぱっち | URL | 2009-03-19-Thu 18:39 [EDIT]
はっちも呼ぶと何かされると思うのか、なかなか来てくれません。
ノーリードで遊ばせる時は、気が気じゃないです。
でも、思いっきり走らせてやりたいしね。
だんなと二人あいだを取って立ってると、
そのあいだを行ったりきたり走るので、今のところは大丈夫。
呼び戻しが、きちっとできるようになりたいっていうのが、
今のところの目標かな。
もうじき2歳になるのに、これじゃあダメダメかな~・・・。(^^;)

JUDYママ | URL | 2009-03-20-Fri 14:55 [EDIT]
しつけには“あせり”は厳禁!
そして“あきらめ”も厳禁!
桜のつぼみが少しずつ大きくなるのを見守るように、ゆっくりゆっくり成長していけばいいと思います。
そして、いくつになってもしつけに遅いということはないです。
毎日楽しみながら練習してね。

えこりん♪さんへ | URL | 2009-03-21-Sat 18:21 [EDIT]
他の子には何でもないことが純ちゃんにはできないのよ…
リロなんて教えてもいないのに呼んだら喜んでくるんだけどネ。
どこが違うのか??
家庭で生まれてそこから来た子とショップに長くいた子の違い?
そんなの関係ないと思うけれど…
根気良く頑張れば気持ちは伝わるって実感です。
何度も繰り返して覚えていくようだね~。

チロッパさんへ | URL | 2009-03-21-Sat 18:27 [EDIT]
チロちゃん見ると純ちゃんソックリって思いますよ~v-411
チロちゃん!1歳おめでとうございます。

まぁ~チロちゃんも50㌢の距離ありますかぁ~。
純ちゃん…あれからピッタリ来るようになりつつあります。
手を出さずにいると自分からスリスリして訴えます。
なでなでが好きな純ちゃんにはおやつよりひきつけるんです。
少しづつですがまだまだ1歳になっても遅くはないみたいです。
飼い主次第で5歳、6歳でも大丈夫!
飼い主の気持ち次第みたいですよ~。

ぱっちさんへ | URL | 2009-03-21-Sat 18:39 [EDIT]
トーマスも若い頃、安全だと自信もって公園でノーリードでした。
でも何かに興奮して暴走してしまい道路に出て事故に合いました。
待て!も呼び戻しも確実にしていなかったのでトーマス自身の
興奮を抑えられなかった結果です。
万が一にまずは呼び戻しが効かないと後悔しますね。
トーマスは未だにほとんどリードが離せなくなっています。
又、同じことになったらと信用がないのかもしれません。
なので若いリロや純ちゃんにはトーマスのようにならないよう育てたくて…
2歳ならまだまだいけますよ~。トレーナーは躾けに年齢は関係ないといいます。
トーマスのように目や耳が不自由になってくると難しいかも?って。
はっちゃんも頑張って呼び戻しできるようにやってみてね。

JUDYママさんへ | URL | 2009-03-21-Sat 18:47 [EDIT]
いつもお世話になっております~。
お陰さまで純ちゃん…どんどん変わっています。
呼ぶと喜んでくるようになって…。私も嬉しくてたまりません。
でもまだ立ったまま呼ぶと来るには来ますがなんとなく警戒心の
あるような?来方が全然違います。
ピンポ~ンの練習はとーさんも仕事でなかなか実行できていません。
でもひっくり返しも今では問題なくなったし
呼んで50㌢の距離がなくなって…私も嬉しくて楽しいです。
純ちゃんも嬉しそうに来てくれるので遊びのようになっています。
躾けってこれなんだなぁ~って実感しています。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 Club Thomas. all rights reserved.